ブラナの塔

ビシュケクから80キロに位置するブラナの塔は、キルギスで最もよく知られている遺跡の一つです。ブラナの塔に隣接する博物館には、シルクロードの歴史やキルギスの歴史を伝える重要な考古学的な作品が展示されています。

ブラナの塔は9世紀にカラハン朝の首都であったバラサグンの街に唯一残されている建造物です。塔の基部周辺にはレンガ造りの店、バザール、浴場、家など、いくつかの建物の基礎を示すいくつかの発掘現場があり、考古学者はバラサグンの街はかなり遠くまで広がっていたことを証明しています。

ブラナの塔, キルギス
ブラナの塔, キルギス
ブラナの塔, キルギス

塔の近くには、バルバル、またはクルガン・ステラと呼ばれる石人のコレクションもあります。これらの小さな石人は死者を称えるために作られたとされ、遺体が埋葬された場所に建てられていたとされています。これらは6世紀ごろから建て始められたとされ、当時の石工の優れた技術を証明するものであり、同じくここに運び込まれた紀元前2世紀のペトログリフと一緒に展示されています。

ブラナの塔に隣接されている博物館自体は小さいですが、ユニークで興味深い遺物が展示されています。バラサグンはシルクロード上に位置していたため、東から西へと大陸を横断する商品や人々との交易の中心地となりました。展示されているコイン、陶器、その他の工芸品は、この地域の多様性とその歴史を示しています。