トルクメニスタンを訪れる最適な季節

気候と天候に関していうと、トルクメニスタンは極端な国です。 夏は領土のほとんどが砂漠でカスピ海にも面している為、中央アジアで最も暑く、 春と秋は穏やかで温暖ですが、冬はかなり寒くなります。 土地としては、比較的平坦で乾燥しているので、日本のような不快感はありません。トルクメニスタンの気候も年々穏やかにはなってきています。

トルクメニスタンの夏は猛暑で、時々50°Cを超えることがあります。 その為、夏の観光はおススメはできません。 なぜなら樹木のない砂漠は、太陽の暑さを直接受け、焼けるように暑いため、数時間後、その暑さに耐えられなくなります。 ただし、カスピ海周辺は内陸部よりも涼しく、夏でも訪れることができます。 実際、海岸沿いにはたくさんのリゾートがあり、さまざまなウォーターアクティビティを楽しめます。 まれにですが、この地域は夏でも雨が降ります。

トルクメニスタンの山に向かうと、穏やかな気温で朝と夕方にトレッキングを楽しめます。 またこの地域の有名な果物といえば、メロンです。トルクメニスタンで栽培された特別な種類のメロンを祝うために、新しい休日が最近作成されました。 8月の第2日曜日には、愛するマスクメロンを祝うさまざまなイベントやお祭りが行われます。


トルクメニスタンの秋は、厳しい冬の寒さが始まる前の快適な時期です。秋の間は、暑さがおさまり、砂漠を訪れることが可能になります。 この間、砂漠の真ん中にあるメルブの古代遺跡を訪れることができます。 初秋の一番のおススメの1つは、砂漠で一晩キャンプすることです。これは、自然に親しみ、異なる生活様式を感じるユニークな体験です。ただし、夜間は気温が大幅に下がるので、寒さをしのぐために、何枚も重ねてひく必要があります。 別の興味深い体験は、離れた村で農村部のトルクメニスタンでの生活を経験するホームステイです。 秋は南部の山々では周囲の木々が鮮やかな緑から暖かい秋の色に変わるころで、ハイキングを楽しむこともできます。


トルクメニスタンの冬は、厳しいシベリア風が吹き、気温が-20°Cになることも珍しくありません。 夏と同様、この時期、観光客はこの土地を訪れすことはできません。降雪は非常に少ないですが、砂漠の寒さは、旅行にはとても厳しいものです。 しかし、冬でも、首都アシガバートを訪れ、そのシュールな建築物を発見することは可能です。 穏やかな日には、主要都市に近い場所を訪れることも可能かもしれません。 イランと国境を接する南部の山岳地帯にはスキー場がありますが、、雪不足にしばしば悩まされています。 カスピ海沿いの地域はやや温帯で、冬は水が冷たすぎて泳ぐことができませんが、簡単に訪れることができます。


トルクメニスタンの春も訪れるのに良い時期です。 冬が春に移行するにつれ、この土地はまた穏やかになり、厳しい寒さが心地よい暖かい日へと変わります。 実際、春はトルクメニスタンを訪れるのに最適な時期かもしれません。 3月21日、国はペルシャの新年を祝い、たくさんのお祭りやお祝いが国中で開催されます。 砂漠もこの時期は行きやすく、長距離の移動ができます。 これにより、砂漠地帯の多くの興味深い場所を訪れたり、荒野でキャンプすることができます。 春の間、砂漠でもほんの少しの間、花が咲き、植物が成長するにつれて、色とりどりで美しい様子が現れます。 コペット・ダグ山脈では、春は緑の植物が再び出現し緑豊かになります。春の到来と急速な変化が続くこの土地でとても過ごしやすい時間となるのです。