ウズベキスタンでの女性一人旅

ウズベキスタンは世界でも魅惑的な国のひとつであると言って間違いないでしょう。女性の一人旅には多くの利点があります。しかし、他の国と同様にウズベキスタンにも特定のチャレンジが必要になります。

ウズベキスタンでの一人旅の勧め

国の深い歴史や豊かな文化によってウズベキスタンはシルクロードの中心になっています。全国にユネスコの世界遺産に登録されている素晴らしい名所があり、さまざまな様式と形の建築が溢れています。ウズベキスタンはツーリストの興味にあう体験を提供できるので、全ての人が楽しい時間を過ごせるでしょう。国の伝統は全国に深く浸透しているので、あらゆる興味にあわせてウズベキスタンの何処であっても何かに浸ることができます。

ロカールでのおもてなしが国の特徴です。外国人ツーリスト、特に女性は地方において家庭に招待されることがよくあります。一人や小グループで旅行するとき、地方の人々の家に招待される可能性が高くなります。招待されると現地の伝統や習慣を体験するだけではなく、伝統的な料理プロフもいただけます。

サマルカンドのシャーヒ・ズィンダ廟群での旅行者
ミリ・アラブ・マドラサ、ブハラ
マゴキ・アットリ・モスク、ブハラ

ウズベキスタンの一人旅でのチャレンジ

女性のウズベキスタン一人旅には、いくつかチャレンジしなければならないことがあります。1番は言葉です。大きい都市であっても市民はウズベク語と少しのロシア語しか話せないのが普通です。都市から離れていくと言葉の問題が徐々に大きくなっていきます。地方の人々はツーリストとコミュニケーションしたいですが、ドライバー、交通機関の職員、ショップの店員等との会話は少し難しくなるかもしれません。

第2には移動のために、特に電車予約が問題になる可能性があります。多くのウェブサイトにはウズベク語とロシア語しかないので、サイトの使い方やチケットの購入がとても難しいです。サイトが使用できても、電車のチケットが早々に売り切れて満席になっている可能性が高いのです。その結果、旅程を再計画するか、別の移動方法を探す必要が出てきます。一人旅の場合、スケジュールに影響を与え、ストレスの状態を引き起こします。

タクシーは全国で一般的ですが、外国人の場合は比較的安い価格が乱暴に高くなることがよくあり、第3のチャレンジです。タクシーアプリはいくつかありますが、アプリを使用するためにはSIMカードが必要です。主要都市を離れるとタクシーがあまり見つかりません。車に乗るためには地元の知識と語学力が必要になります。

第4に、多くのATMはあまり信頼できずウズベキスタンでのお金の引き出しは困難な可能性があります。ATMの現金切れは珍しくありません。地方では問題がより広まり、全ての機械が現金切れ、カードの受け入れが拒否されるということもあります。大きいホテルでドルを引き出すのは可能ですが、ドルをウズベクスムに両替するのは銀行です。ツーリストはドルを闇市場で両替しないように注意しなければ、罰金とペナルティーが大きいです。

シェルドル・マドラサ、サマルカンド
ウズベク民俗祭
ピラフ、ウズベクの代表的な料理

このような注意点を知っておくことは、ともて大切です。一人旅の人にとって難しいこともあるので、サポートが必要になります。

女性のための小グループツアー

上記のチャレンジがウズベキスタンのウズベキスタン一人旅小グループツアーや催行保証の小グループツアーに参加することで簡単に回避されます。これらのツアーは参加者に自由と柔軟性が感じられるように設定されていて、旅行計画のストレスがありません。ハイライトが既にツアーに含まれているので、自分の興味や旅行スタイルに合わせて体験したいことを調整しながら利用できます。全ての移動と宿泊施設は貴女のためにアレンジされ、必要に応じてガイドがお手伝いします。これはウズベキスンでの冒険をストレスのないものにし、一生忘れられない思い出にできるでしょう。