ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)
夜の地獄の門ツアー

夜の地獄の門ツアー

クニャ・ウルゲンチ、ダルヴァザ・ガスクレーター、カラクム砂漠、地獄の門、エルベント村、文化ツアー

クニャ・ウルゲンチ、ダルヴァザ・ガスクレーター、カラクム砂漠

2 日間 | 4月-11月 | 一人当たりUS$ 450から詳細

クニャ・ウルゲンチ、トルクメニスタン

クニャ・ウルゲンチ、トルクメニスタン

クニャ・ウルゲンチ:北ホレズムの古都

クニャ・ウルゲンチは、アシガバートから北に480 kmに位置する建築保護区です。 かつては紀元1世紀にはホレス北部の古代の首都でした。8世紀半ばにはアラブ人によって征服され、995年にはグルガンジと改名され、ホレズムシャーの邸宅となり、サマニー帝国の首都であるブハラの後2番目に大きな都市でした。

クニャ・ウルゲンチは、中世の主要な文化とショッピングの中心地として、また当時の有名な思想家イブン・スィーナーとベル二イに避難所を提供しました。 1221年、チンギスハーンに反抗して「イスラムの中心」と見なされた都市は、モンゴル人によって破壊されました。クニャ・ウルゲンチは敗北後すぐに勢力を回復しましたが、1388年に街をサマルカンドの競争相手と見なしたタメルレーンの軍隊が再び破壊しました。 その後、クニャ・ウルゲンチは1831年に人々がハン-ヤブ運河を建設するためにそこにやってくるまで忘却に陥りました。 これが、クニャ・ウルゲンチの多くの素晴らしいモニュメントがある意味最悪の状況で生き残った理由です。 しかし、それらのいくつかは実質的に無傷であり、専門家や観光客の注目を集めています。

クニャ・ウルゲンチ、トルクメニスタン
クニャ・ウルゲンチ、トルクメニスタン
クニャ・ウルゲンチ、トルクメニスタン

クニヤゲルンチの主な見どころは、ナジメディン・クブラの霊廟(12〜13世紀)、モンゴル王女のツラべク・ハ二ムの霊廟(12〜14世紀)、マムンのミナレット(10〜11世紀)、中央アジアで最も高いミナレットであるクトルグ・ティムールのミナレット(12〜14世紀)- -その高さは60 mで、キルクモラーの霊廟(紀元前2世紀-紀元3世紀)、イブン・ハジブマドラサ(14〜16世紀)、アルスラン2世の霊廟-市内で最も古い建物(11世紀)、ファフルアド・ディン・ラジ(13世紀)の霊廟、アジザン・アル・ラマタニ(13〜14世紀)、ザイド・アフメド(12〜14世紀) 、ピリャルヴェリ(14〜17世紀)、グリゲルダン(12世紀)、ホレジムバッグ(13〜18世紀)、ダシュガラ(14〜16世紀)、マトカリム-イシャン(19〜20世紀)、スルタン・アリ(1580)、14世紀のミナレットのあるテケシュ-ホレズムシャフ(13世紀)、ダシュメドシェト(1903-1908)、アク・カラ要塞(アッガラ、1〜13世紀)です。クニヤゲルンチの史跡は、ユネスコの世界遺産に登録されています。

クニャ・ウルゲンチ、トルクメニスタン
クニャ・ウルゲンチ、トルクメニスタン
クニャ・ウルゲンチ、トルクメニスタン