ウズベキスタンを訪れる最適な季節

ウズベキスタンは内陸国であり、四季折々の自然が楽しめます。東部の山岳地帯は涼しく湿度が高い傾向がありますが、中央部と西部地域はほとんど砂漠で乾燥しています。旅行を楽しむことは1年中可能です。中でも春または秋がウズベキスタンを訪れるのに最適な時期と考えられています。天気が良く、自然の景色が最高にすばらしく、ウズベキスタンの新鮮な果物が豊富にあるからです。

ウズベキスタンの夏は暑くて湿度が低く、気温はしばしば40℃まで達します。この時期に長距離を移動するのに、エアコンのない乗り物では厳しいでしょう。ウズベキスタン東部の山岳地帯では、平野や砂漠地帯より気温が低く、トレッキングなどのアウトドアのアクティビティが楽しめます。また、夏の旅行の市内散策なら朝または夕方に観光し、暑い昼間にはエアコンの効いた場所で寛ぐのがお勧めです。


ウズベキスタンの秋には、緑の山がオレンジや黄色茶色の美しい色合いに変わり、バザールにはメロン、桑、いちじく、柿が溢れます。秋の気候は、ウズベキスタンを快適に旅することができます。多くの人が、訪れるには秋が最高であるとお勧めしています。涼しくなった時期は、地方での列車の旅や砂漠でのラクダ乗りにも最適です。ウズベキスタンの秋は比較的に長く、12月まで続くこともあります。


ウズベキスタンの冬は12月から2月まで続きます。この季節の気温は0℃を下回ることもあり、旅行が少し難しくなることがあります。特に山では大雪に注意が必要です。ウインタースポーツがお好きであれば、人気のスキーリゾートもあります。各都市の冬は、ときどき寒いので、適切な防寒着をご準備ください。そうすれば、冬の観光も問題ありません。晴れている空は完璧な写真の背景になります。しかし、もしスケジュールに余裕があるのであれば、春まで旅行を延期することをお勧めします。


ウズベキスタンの春は3月上旬に始まり、雨が多くなります。雨ともに人々の生活も活動的になり、3月21日に祝うペルシャの新年(ナヴルーズ)の準備も始まります。ナヴルーズの間は、仕事を休み、全国的にお祭りが開催されます。民族舞踊や春の伝統的な料理でパーティを行います。雨の時期は4月に終わり、旅行するには最適になります。戦勝記念日、シルク&スパイスフェスティバルなどお祭り気分は5月まで続きます。ウズベキスタンを訪れるのに最適な時期は春です。特に南部の地域は夏になると非常に暑いため、そちらを旅するなら春がお勧めです。