トルクメニスタン料理

トルクメン料理:歴史、特徴、人気の料理の説明。

トルクメニスタン料理さまざまな国民食の伝統は、、歴史と地理の2つの影響で発展することはよく知られています。 遊牧民のライフスタイル、砂漠での厳しい生活-これらすべての要因がトルクメニスタンの料理の形成と料理の伝統に影響を与えました。 トルクメニスタン料理の主な特徴の1つは、手ごろな食材と単純な調理方法です。

トルクメニスタンで最も人気のある料理はピラフです。 ラム、ニンジン、ライス、タマネギから調理されています。 シュルパは、もう1つよく知られている料理で、ジャガイモとトマトのマトンスープ。

トルクメニスタン料理トルクメン人はパンに対して特別な意味を持っています。 この場所でよく食べられるパン-チョレック-それ自体が芸術です。 チョレックが焼かれるタンディール(粘土のオーブン)は、家の中で最も神聖な場所と考えられており、チョレック自体は常に大切な食べ物とされています。

中央アジアの他の国と同じように、トルクメニスタンは驚くほど、美味しい果物と野菜が豊富です。 世界的に有名なのは、イスラム以前の時代にも輸出された蜂蜜の香りがするトルクメンメロンです。

トルクメンの郷土料理は、他の中央アジア諸国の料理、特にウズベク料理とカラカルパック料理などと多くの共通点があります。 しかし独特なものとしては、カスピ海に近いため、魚料理が豊富です。

トルクメニスタン料理

ウズベク人やタジク人は、トルクメン人とは異なり、あまり野菜を使用しませんが、 大根とトマトはよく使用します。 またタマネギもよく使い、生でも食べられ、調味料としても使われます。 カボチャとニンジンはめったに使用しません。 きのこもほとんど使いません。

使用されるスパイスは、ウズベキスタンやタジキスタンで使用されるものとは少し異なります。 トルクメンでは、赤と黒コショウ、ミント、野生のパセリ、アジュゴン、ブジガン(ピスチオの木のゴール)を広く使用しています。 クルクマトルクメンの代わりにサフランとニンニクを使用します。