メルヴ、トルクメニスタン

Merv, Turkmenistan

メルヴオアシス(マリから40 km)は、灌漑システムを導入した中央アジアの最も古い地域の1つです。 それは、古代世界で最大の都市の1つであるメルヴ(マルグシュ、マルギアナ、マリ)の形成につながりました。 メルヴの起源は謎に包まれていますが、1つの事実が明確です。それは、この都市の最も古い記述は約紀元前8-6世紀のアヴェスター(ゾロアスター教の聖典)に記されています。年代記作家はそれを「王の魂、クラサンの都市の母、そして宇宙を握る都市」として明るいエピソードとして伝えています。オマル・ハヤム、アス・サマ二、イママディン・イスファハ二などのような中世の偉大な思想家はこの都市に住んでいました。

メルヴ、トルクメニスタン
メルヴ、トルクメニスタン
メルヴ、トルクメニスタン

現代の遺跡は、少なくとも5つの古代集落-エルク・カラ、ギャウル・カラ、スルタン・カラ、アブドゥラハン・カラ、バイラマリカン・カラで構成されています。 それらの大部分はひどく破壊されており、一部はほぼ形のない丘のようですが、それでもメルヴは最もユニークな歴史的記念物の1つとして認められています。

最も興味深い歴史的記念碑には、スルジュク帝国の繁栄期に関係するスルタン・サンジャル・ダル・アル・アヒル(1140 A.D.)の霊廟があります。 この驚くべきランドマークの高さは約40 mです。 2つの薄いレンガの殻から構築された伝説的なドームは、中世の超高層ビルの面白さを表しています。

メルヴ、トルクメニスタン
メルヴ、トルクメニスタン
メルヴ、トルクメニスタン

その他の有名なメルヴのランドマークは、スルタン・カラ、シャズリアール・アルク・シタデル、アブディラハン・カラ要塞の遺跡(15世紀)、バイラマリカン・カラ要塞とその塔の遺跡、キズ・カラ要塞の遺跡(6- 7世紀)、アル・ハキム・イブン・アミール・アル・ジャファリとブライド・イブン・アル・クセイン・アル・イスラム(15世紀、巡礼地)の霊廟、ムハーマド・イブン・ゼイド廟(12世紀)、タルハタンーババ霊廟のコンプレックス、イマーム・カシム、イマーム・シャフィ、イマーム・バクルのセルジュク時代、ジュスフ・ハマダニのモスク(13世紀、19世紀に再建)、エルク・カラ要塞の遺跡(6世紀)、ギャウル・カラにあるキリスト教寺院の遺跡と仏教修道院(古代アンティオキア・マルギアナ)、ベニ・マハンモスク(7〜12世紀)の遺跡、要塞の高い壁-大小のキズ・カラ、キズビビの霊廟などの多数の浴場跡 、宮殿、本堂などです。

他の魅力的なランドマークは、ダンダンカンとタルハタン・ババのモスク(12世紀)、ケシュク(要塞化された家)、アクイリ・コウシュク(9〜13世紀)、ハラス・ケシュク城(9〜13世紀)、ドゥルナリ古代集落(1〜 2番目)、ゲべクリ古代の集落です。 古代都市の発掘中に発見された多くの考古学的発見は、メルヴ歴史博物館で見ることができます。

今日、メルヴは、シルクロードの保存状態の良い古代中心として、ユネスコ世界遺産に登録されています。