ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)

イチャン・カラ、ヒヴァ

イチャン・カラとは何か? 古代のヒヴァでは、他の東洋の都市と同様に、要塞であるクニャ=アルク、郊外であるディシャン=カラ、そして市であるイチャン・カラの3つの部分に分かれていました。

今日のイチャン・カラ(イチャン=カラ)は野外博物館です。それは市の古い部分で、壁に囲まれ、国立歴史考古学博物館に変わりました。ここでは26ヘクタールの広大な敷地に、東洋の都市の風情が保存されています。しかし、最も注目すべきことは、イチャン・カラが凍りついた博物館の町ではないことです。ここは主に工芸に従事する300の家族の住まいです。

イチャン・カラ、ヒヴァ
イチャン・カラ、ヒヴァ
イチャン・カラ、ヒヴァ

イチャン・カラを囲む粘土の壁(長さ2キロ以上、高さ最大10メートル、厚さ5〜6メートル)には、地球の各隅にゲートがあります。西のゲート - アタ・ダルワザ。バグチ・ゲートはホレズムのかつての首都ウルゲンチへの道を開け、パルヴァン・ゲートはアムダリア川へ向かい、そして東へ進み、ゲート「タシュ」は南へ向かいます。

イチャン・カラには約60の歴史的建造物があります。ここでは、クニャ=アルクの城塞複合体、タシュ・ハウリ宮殿の複合体、全ての部分に釉薬タイルで覆われているカルタ・ミノルのミナレット、有名なジュマ・モスク(213本の彫刻された柱を持つ)や、ヒヴァの象徴であるイスラム=ホジャ・ミナレットなど、歴史のユニークな記念物を見ることができます。

イチャン・カラ、ヒヴァ
イチャン・カラ、ヒヴァ
イチャン・カラ、ヒヴァ