お勧め案

ヒヴァの見どころ

パフラヴァン・マフムド廟とモスク

パフラヴァン・マフムド廟は、ヒヴァでも一際美しく輝いている青い霊廟です。
ヒヴアの庇護者として尊敬されていた大臣、詩人でもあり哲学者でもあったパフラヴワン・マフムド(1247~1326)の墓が中心に据えられ、他にもムハンマド・ラヒム・ハーンやハーンの親族の廟が設置されています。

Mausoleum of Makhmud Pakhlavan, Khiva
Mausoleum of Makhmud Pakhlavan, Khiva
Mausoleum of Makhmud Pakhlavan, Khiva

入ロの木彫りの扉を入ると小さな中庭に出ることができ、正面にはドームの霊廟、右には低い柱のアイヴァン、左には少し地味な霊廟が並んでいます。右側のアイヴァンが巡礼者のためのモスクで、巡礼者は小さな井戸の水で手と顔を洗い清めます。霊廟内、正面の墓石はムハンマド・ラヒム・ハーンのもので、左側の小さな部屋、より豪華な装飾がされた廟がパフラワン・マフムドのものです。人々は格子の隙問からお札を押し入れ、墓石にのせて御利益を願うといいます。花嫁と花婿が結婚式後ともにこの霊廟に訪れる姿もよく見られます。地元の人は霊廟から出るとき少し頭を下げながら、後ろ向きに退室します。観光客はそこまでしなくてもよいでしょうが、霊廟の中で大声で話す行為は慎んでください。巡礼者や聖職者を写真に収めても問題はありませんので、シャッターチャンスを逃さないようにしましょう。