マンギスタウへの5日間のグループツアー
3日間のマンギスタウ・グループツアー

3日間のマンギスタウ・グループツアー

マンギスタウの広大な自然の驚異を明らかにする、包括的な3日間のツアーを体験しましょう。ジープで旅をし、神秘的なトリッシュの石の球から圧倒的なシェルカラ山、魅力的な城の谷アイラクティ、目がくらむような展望台を備えた壮大なボッジーラ地域まで、多様で素晴らしい景色を発見できます。このツアーは、地域の多様で驚くべき風景を探索する素晴らしい方法です。

トリッシュ、コックカラ、シェルカラ、アイラクティ、ボッジーラ、キジルクップ

3 日間 | 春、夏、秋 | US$ 445

マンギスタウのシェルカラ山

マンギスタウのシェルカラ山

カザフスタンのマンギスタウで、シェル・カラ山はその地域を象徴する重要なシンボルの一つとして立っています。 この印象的な石灰岩の山は、ステップから堂々とそびえ立ち、神秘と魅力の感覚を運んでいます。多くの伝説がその周りに渦巻いており、様々な視点から見ると、巨大なカザフのユルト、逆さまのボウル、または眠っているライオンのように見えることがあります。この最後のイメージが、その名前のインスピレーションとなりました—ペルシャ語から訳すと「ライオンの砦」または「ライオンの山」となるシェルカラです。

シェルカラは、マンギスタウ地域の首都アクタウから約180キロメートル、シェトペ村の近く(18キロメートル先)に位置しています。山自体は高さ307メートル(海抜332メートル)、南北に1000メートル、東西に650メートル広がっています。山の全基部を一周するのに約1時間かかります。南面は急な登りでありながら、北側はより穏やかで、多くの小さな峡谷や洞窟があります。険しい全面のため、専門の登山装備なしで頂上に到達することは実際には不可能です。

マンギスタウのシェルカラ山

地元の伝説によると、かつてシェルカラの頂上には砦都市があり、外国の侵略者に包囲されていました。彼らの努力にもかかわらず、侵略者は頂上に到達することができませんでした。物語では、北の洞窟の一つに頂上への隠された通路が存在しており、それは侵略者が決して発見しなかった秘密です。しかし、彼らは中の人々に水を供給する井戸のシャフトを見つけ、ロープを切り、最終的に降伏を強いました。守備側の勇敢な戦いに感嘆し、侵略者はそれを「ライオンの砦」と名付けたと言われています。これがシェルカラの名前のもう一つの起源の可能性です。

シェルカラの歴史的な重要性についての具体的な情報はありませんが、カスピ海沿いを走る大シルクロードの一部としての目印や休憩所として機能していたと推測されています。近くで不明な起源の遺跡が発見されており、南西に1.5キロメートルのところには、通過するキャラバンのための水源として機能した可能性のある浅いアクミシュ川沿いの小さなオアシスがあります。今日では、アクミシュの緑が周囲の黄色いステップと鮮やかに対照をなしています。

マンギスタウのシェルカラ山

シェルカラ山はマンギスタウで必見の場所であり、地域のほぼすべての観光旅程にここへの訪問が含まれています。この山は、アクタウから車で約3時間で到達できますが、基部に近づくためにはオフロード車が必要です。特筆すべきは、西に10キロメートルのところにコックカラ地域があり、東に同じ距離でアイラクティ城の谷があります。また、南東に5キロメートルのところには、居心地の良いユルト、プール、レストランを備えたコーゲン民族村があり、この魅力的な地域への訪問にさらに多くのオプションを提供しています。