マンギスタウへの5日間のグループツアー
マンギスタウへの5日間のグループツアー

マンギスタウへの5日間のグループツアー

別の惑星のような風景を持つマンギスタウを通る壮大なジープツアーに出発しましょう。広大な峡谷、ドラマチックな崖、ユニークな形の山々や岩々に驚かされる準備をしてください。

トリッシュ、コックカラ、シェルカラ、アイラクティ、カラマンアタ、イビクティ、トゥズバイル、キジルクップ、ベケトアタ、ボッジーラ

5 日間 | 春、夏、秋 | US$ 785

ウスチュルト台地、マンギスタウ

ウスチュルト台地、マンギスタウ

ウスチュルト台地は、20万平方キロメートルに及ぶ巨大な地形で、カスピ海とアラル海の間、カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタンの3カ国にまたがっています。ウスチュルト台地の特徴的な要素はその境界である—何百万年もの間、水と風の作用によって彫刻された層状の構造と風変わりな形をした100メートルの崖です。今日、これらの崖は世界中からの観光客をカザフスタンのマンギスタウやウズベキスタンのアラル海へのツアーに引き寄せています。

ウスチュルト台地、マンギスタウ

ウスチュルト台地は2,000万年から6,000万年前に出現しましたが、その形成はそれ以前の1億年以上前に始まりました。この広大な地域はかつて古代テチス海の海底で、水圧の下で徐々に石灰岩の堆積物が形成されました。後に大陸プレートが衝突し、かつての海底を隆起させました。現在、ウスチュルト台地の崖の下、その下層および中層の岩石層では、史前海洋生物の化石化した残骸—ウニの骨格、イクチオサウルスの骨、サメの歯が見つかります。

ウスチュルト台地、マンギスタウ

カザフスタンでは、ウスチュルト高原をいくつかの景勝地で探索することができます:トゥズバイルの塩沼、ボジュラ地域、カリンジャリク盆地。各地は長く高い崖を持つ独自の景観を誇っています。

  • トゥズバイル塩沼は、プラトーの雪のように白い壁の直下に広がる広大な塩の野原で、チョークの堆積物が多いため、プラトーの中で最も明るいエリアです。
  • ボジュラ地域は、ウスチュルトで侵食が最も劇的に崖を形成した部分で、素晴らしい峡谷や独立した山々を創出しています。マンギスタウで最も人気のある観光地の一つです。
  • カリンジャリク盆地は、広大な範囲に巨大な塩沼と絵のように美しい独立した山々が特徴で、ウスチュルトで最も遠隔かつこの世のものとは思えない風景です。

ウスチュルト高原のトルクメニスタンにある部分はかなり小さく、国境地帯に位置し、実質的に観光客のアクセスは不可能です。ウズベキスタンでは、干上がりつつあるアラル海に接するウスチュルト高原の東の崖線を見ることができます。ウズベキスタンにおけるウスチュルト高原についての詳細情報はこちらで見つけることができます。

ウスチュルト台地、マンギスタウ

ウスチュルトのカザフスタン側からウズベキスタンへ独立して旅行を希望する人々には、2つの選択肢があります。最初の選択肢は、ベイネウ村に車で行き、そこからカザフスタン-ウズベキスタン国境方面に向かってヌクスまたはクングラッドへ進む方法です。アクタウ-ベイネウ-ヌクスのルートは980kmをカバーし、13〜15時間かかります。二つ目の選択肢は、アクタウからアルマトイまたはアスタナへ飛び、そこからウズベキスタンの首都タシュケントへ、そしてそこからヌクスへ飛ぶ方法です。これには合計3600kmの距離を3回のフライトで移動する必要があり、フライト間の待ち時間を考慮すると、旅はほぼ一日を要します。