マンギスタウへの5日間のグループツアー
マンギスタウへの5日間のグループツアー

マンギスタウへの5日間のグループツアー

別の惑星のような風景を持つマンギスタウを通る壮大なジープツアーに出発しましょう。広大な峡谷、ドラマチックな崖、ユニークな形の山々や岩々に驚かされる準備をしてください。

トリッシュ、コックカラ、シェルカラ、アイラクティ、カラマンアタ、イビクティ、トゥズバイル、キジルクップ、ベケトアタ、ボッジーラ

5 日間 | 春、夏、秋 | US$ 785

マンギスタウのトリッシュ渓谷

マンギスタウのトリッシュ渓谷

トリッシュ渓谷は、マンギスタウの主要な見どころの一つで、信じられないほど素晴らしい場所です。 ここには、直径1メートルから3メートルまでの大きさの石の球体が数千個あり、広範囲に散らばっています。そのため、人々はこれを「球体の渓谷」とも呼んでいます。まるで巨人たちがおもちゃを残したかのように見え、石はボウリング、ビリヤード、またはゴルフのゲームの残骸のようです。幸いなことに、科学者たちはこれらの魅力的な地質学的特徴が自然に生じたことを明らかにしてくれました。

マンギスタウのトリッシュ渓谷

科学的には、これらの丸い岩を「結節」と呼びます。鮫の歯や貝殻、岩、植物など、テチス海の水中で鉱物を引き付けたあらゆる物体の周りに、層に層をなして鉱物または鉱物質が蓄積して形成されました。これらの堆積物は時間とともに化石化しました。形成された環境が均一だったため、球形になりました。もし条件が異なり、均一でなければ、結節は平らな形に成長していたでしょう。

マンギスタウのトリッシュ渓谷

何百万年もの時間が経過し、テチス海の底が隆起しました。さらに何百万年も経過すると、柔らかい岩が浸食され、巨大な石の球体が地表に露出しました。科学者たちは、トリッシュ渓谷の石が4000万年から6000万年前のものであると推定しています。

マンギスタウのトリッシュ渓谷

トリッシュの球体の渓谷は特別ですが、唯一無二のものではありません。類似の結節は世界中で見られます。特に有名なものには、ニュージーランドのモエラキボルダーズ、ロシアのフランツ・ヨーゼフ・ランド諸島のチャンプ島、カリフォルニアのボウリングボールビーチがあります。しかし、マンギスタウは、数キロメートルにわたり数千に及ぶこれらの巨大な石の最大の集積地として際立っています。

マンギスタウのトリッシュ渓谷

トリッシュ渓谷へのアクセスは比較的簡単です。アクタウから北に105kmの舗装道路をタウチク村方面に進み、右折してからさらに7〜8kmの未舗装道路を進むと、石のクラスターの一つに到達します。ただし、この旅行には4輪駆動車が必要です。

マンギスタウのトリッシュ渓谷

トリッシュはマンギスタウでのツアーに欠かせないスポットであり、より大きな旅行に追加するのに最適です。西に50km行くと、地下モスクのシャクパクアタがあり、東に60km行くと、コックカラの岩とシェルカラ山があります。ここを訪れることは忘れられない体験となり、シーシュポスが石を押し上げる神話を再現するような美しい写真を撮る絶好の機会となるでしょう。

マンギスタウのトリッシュ渓谷