マンギスタウへの5日間のグループツアー
3日間のマンギスタウ・グループツアー

3日間のマンギスタウ・グループツアー

マンギスタウの広大な自然の驚異を明らかにする、包括的な3日間のツアーを体験しましょう。ジープで旅をし、神秘的なトリッシュの石の球から圧倒的なシェルカラ山、魅力的な城の谷アイラクティ、目がくらむような展望台を備えた壮大なボッジーラ地域まで、多様で素晴らしい景色を発見できます。このツアーは、地域の多様で驚くべき風景を探索する素晴らしい方法です。

トリッシュ、コックカラ、シェルカラ、アイラクティ、ボッジーラ、キジルクップ

3 日間 | 春、夏、秋 | US$ 445

マンギスタウのアイラクティ山

マンギスタウのアイラクティ山

アイラクティ山は、鋭い崖と珍しい割れ目を持つ、驚くべき山々のグループとして立っています。 これらは手作りのように見えるかもしれませんが、実際には水、風、そして時間による驚異的な結果です。それぞれの山は堅固な要塞のように見え、その端は塔のように見え、「城の谷」という名前が付けられました。この象徴的な名前は、19世紀半ばにマンギスタウに流刑されたウクライナの作家兼詩人、タラス・シェフチェンコによって命名されました。彼はこれらの山の最初の絵を描きました。

マンギスタウのアイラクティ山 タラス・シェフチェンコによる絵、1851年

石灰岩から形成されたアイラクティ山は、約4000万年前、古代テチス海の海底の一部でした。後に地殻変動により陸地が隆起し、水が引き、時間をかけて自然の力が岩層を現在の形に彫りました。雨水と風によって山は劇的な変化を遂げ、今日見られるような険しい壁に信じられないほどの浮彫が刻まれました。数百万年の歳月を経ても侵食は続き、千年後にはその形が変わり、百万年後には完全に消滅するかもしれません。

マンギスタウのアイラクティ山

アイラクティ地域の歴史は比較的地味です。ここでは、地元の羊飼いやムフロン(野生の羊の一種)の狩人によって残された数百年前の岩絵が発見されました。この場所は時にジャイラクティやショマナイとも呼ばれます。タラス・シェフチェンコは1851年に訪れ、後に彼の旅行記に記録しました。

マンギスタウのアイラクティ山 タラス・シェフチェンコによる絵、1851年

21世紀初頭には、考古学者アンドレイ・アスタフィエフが、トラクターを使ってステップに巨大な絵を刻むことで地域に注意を引くことを目指しました。これらの絵は上空または衛星画像からしか見ることができません。150メートルの長さの「手のひら」は代表例で、シャクパクアタモスクの類似したデザインに触発されました。

マンギスタウのアイラクティ山

アイラクティを通って大シルクロードを旅する商隊がかつて通ったという説があり、地域に埋蔵された宝物があるという伝説もあります。今日、金属探知機を持ったアマチュア考古学者や宝探しをする人たちが時々訪れ、幸運な発見を期待しています。中には古代の硬貨を発掘する人もいます。

マンギスタウのアイラクティ山

しかし、アイラクティ地域の真の魅力は、その自然の美しさにあります。特に春は、谷が豊かな緑と花で満たされる時で、息をのむような美しさです。野生の馬やムフロンが谷で草を食べ、亀や様々な小さなステップの生き物が山のふもとで見られます。サソリは珍しいですが、テントをネットで固定し、靴に不快な客がいないかを確認するなどの基本的な安全対策は実践してください。

マンギスタウのアイラクティ山

春と初秋は訪問に最も適した時期です。夏は気温が40度以上に上昇し、冬は寒く風の強い条件が訪れます。

マンギスタウのアイラクティ山

アクタウの北東約100km、道路で180kmのアイラクティ地域は、2日間のツアーの一部として探索することができますが、その魅力的な風景と興味深い岩の形成に何時間も費やすことになるかもしれません。特に夕方のゴールデンアワーには。

マンギスタウのアイラクティ山

滞在を延長したい場合は、地域の「城」の近くでの一泊を含むマンギスタウの旅行プログラムを検討してください。少し快適さを求める場合は、南西に10kmのところにあるエスノアウルコーゲンが、エアコン付きのユルト、シャワールーム、プール、レストランを提供しています。