ウズベキスタンの伝統

ウズベキスタンの伝統

よく知られているウズベクの伝統と習慣

ウズベクの習慣や伝統は、何世紀にもわたって時代と宗教から形成されてきました。それらはとても独特で印象的に異なっており、その形成は紀元前6世紀から7世紀に遡ります。それまで遊牧民族はアムダリヤ、シルダリヤ、ザラフシャンの谷に移動し、最初の国を興しました。遊牧民であった民族は村や都市を創り、祖先の古代カルトに基づく慣習や伝統をもたらしました。現在のウズベキスタンの領土であるトランソキアナに位置していた古代国家:ホラズム、ソグディアナ、バクトリアなどの文化がウズベク文化形成の基礎となりました。

多くの侵略者が自分達の文化を押し付けようとしましたが、ウズベクの伝統と習慣は何世紀にもわたりほとんど変わっていません。中央アジア全域にイスラム教が拡大され、アラブ人はウズベクの習慣や伝統に最も大きな影響を与えました。イスラムの伝統はイスラム以前に存在した信仰と伝統、地元の文化と密接に絡み合っており、ウズベク人の生活と心にしっかりと根付きました。

ウズベクの古代の慣習と伝統は注意深く維持され、世代から世代へと受け継がれています。多くのアジアの民族のようにウズベクの習慣は家族の祝い事と関係します。これらのイベントは多数の儀式があり、両親、子供、兄弟、姉妹、近親者や遠方の親戚、隣人やお客を含め、それぞれに独自の役割があります。ウズベクの伝統は、おもてなし、年配者への敬意、集団主義に基づいており、特にマハリャ(ウズベクの住宅地)によく表れています。そこには長老の知識が集まっています。

ウズベキスタンの伝統や習慣: