ウズベキスタンの文化

ウズベキスタンの文化

ウズベキスタンの文化は、活力に満ちて独特です。何千年にもわたって形成され、さまざまな時代に現代のウズベキスタンに住んでいた人々の伝統と習慣を取り入れています。中央アジアの醍醐味と考えられるウズベク文化は、古代ペルシャ人、ギリシャ人、アラブ人、中国人、ロシア人、遊牧民族のトゥルク族など全ての文化の交差点です。ウズベキスタンの多民族の性質を反映する伝統は国の音楽、舞踊、絵画、応用芸術、言語、料理、衣服に遍在しています。ウズベキスタンの各地域、それぞれにも独自の色合いがあり、民族衣装や方言に最もはっきりと現れています。

このようなウズベキスタンの豊かさと多様性に触れるには全国を旅行しなければなりませんが、文化全体を一ヶ所で見たい人にとってウズベキスタンのフェスティバルは素晴らしい機会です。このフェスティバルには全国からクリエーティブな人々が集まり、ウズベクの舞踊、音楽、応用芸術などを見せてくれます。

ウズベキスタンの文化
ウズベキスタンの文化
ウズベキスタンの文化

芸術

ウズベキスタンの画家のキャンバスには国の独特な歴史が反映されています。例えば、アフロシアブの壁画にはこの地域のモンゴル時代以前の芸術が表れています。イスラム教がこの地域に入ってきてから、人を表現することは禁止され、抽象画の使用が増加しました。その後ミニチュア芸術が登場し、時とともに完成し、現在のウズベキスタンの視覚芸術では最も認識される流れとなりました。カモリディン・ベフゾッド(16世紀)、アフマド・ドニッシュ(19世紀)、アブドゥルハリック・マフム(20世紀)は、ウズベキスタンのミニチュアの巨匠と見なされています。20世紀にはロシアの禁欲主義者の影響から生まれた芸術スタイルには劇的な変化がありました。その中でも、イゴール・サヴィツキーがヌクスでユニークな絵画美術館を設立したことで有名でした。21世紀にはウズベキスタンの絵画がその独自の特徴を維持しながら、世界的なトレンドに加わりました。続きを読む...

文学

ウズベキスタンの文学の歴史は口承の伝統と伝説、叙事詩、おとぎ話から始まります。ボガティル(放浪者の騎士)アルポミッシュと機知に富んだナスレディン・アファンディの物語はウズベク文化に不可欠です。中世には、現在の全国民に知られている詩人や作家が登場しました:アフマド・ユグナキ、アリシェル・ナボイ、バブール、ジャミなど。その時代のウズベキスタンの文学遺産は詩に満ちており、ほとんどの作品は愛、幸福、そして知恵をテーマにしています。19世紀から20世紀には、風刺的、より深刻な、劇的な作品が人気でした。フルカット、ガフル・グラム、ムキミ、ハミッド・オリムジョン、ズルフィア、アブドラ・カハール他、有名なウズベク作家です。ウズベキスタンの現代文学は非常に多様ですが、残念ながら古典文学ほど人気はありません。続きを読む...

音楽

ウズベキスタンの音楽は民間伝承やウズベク語の詩と密接に結びついており、ウズベク人の古代文化の独特な現れです。ユネスコの人類の口承及び無形遺産の傑作に宣言されたウズベキスタンとタジキスタンの特別な音楽シャシュマカムは特に注目に値します。クラシックとモダンのポピュラー音楽は世界の音楽といくつかの類似点がありますが、ウズベク楽器の特別な音があるため独自の味があります。ウズベキスタンの有名な楽器は、カルナイ、スルナイ、ドゥタールとドイラです。現在もウズベクの民俗音楽は結婚式、イベント、コンサート他、2年ごとにサマルカンドで開催される有名な東洋音楽祭(シャルク・タロラナリ)でも聞くことができます。続きを読む...

舞踊

ウズベキスタンの舞踊は、ウズベク人とウズベク文化の美しさを表します。ウズベクの民族舞踊は手の動きや顔の表情に特に焦点を当てていることで、他の地方舞踊とは異なります。ウズベキスタンの各地方には独自の舞踊学校があります。ある地方では動きがシャープ、他の地方の舞踊は動き方が滑らかで優雅、また短いステップをよく使うダンスもあります。現在、主な3つの舞踊学校:ホラズム、ブハラ、フェルガナがあります。ウズベク舞踊を観賞するのはとても簡単です。ウズベキスタンでは踊りなしのお祝いはなく、誰もが踊るのが大好きです。観光シーズンには、ブハラのナディール・ディヴァンベギ・マドラサで毎日開催される民俗ショーで舞踊観賞を楽しむことができます。続きを読む...

民芸品

美術工芸品はウズベク文化の最も人気のひとつで、お土産を選ぶときに観光客に多くの選択肢を与えます。ウズベキスタンの職人たちは、技の秘密を世代から世代へと受け継ぎ、彼らの作品は高品質で並外れた優雅さを備えています。鍛冶屋、陶芸家、織工家、彫刻家などがシルク、粘土、木、金属から芸術作品を作り出します。その滑らかなライン、幾何学的に完璧なパターン、形の調和は世界に認められています。ウズベキスタンの最も有名な職人はギジュドゥヴァンとリシタンの陶芸家、ブハラとチュストの鍛冶屋、マルギランの織工、そしてサマルカンドのワイン生産者です。職人はよくワークショップでマスタークラスを開き、代々受け継がれた技術を知ることができる作品の数々を紹介しています。続きを読む...