ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)

ダルヴァザガスクレーター-地獄への扉

ダルヴァザガスクレーター-地獄への扉

ダルヴァザガスクレーター-カラクムの自然の驚異

砂漠の真ん中で火が噴火している「地獄への門」の写真やビデオはインターネットでたくさんあります。このところは火の噴火口、ダルヴァザ、ダルバザ、ダーワザ、デーウェゼとしても知られています。 砂漠で燃えている炎の景色は優美で興味をそそられます。 しかし、アシュガバート市の北266kmにあるこの不思議がどのように現れたのか、知る人はほとんどいません。

1971年、トルクメン語から「門」として翻訳されたダルヴァザ村(別名デーウェゼ)からさほど遠くないカラクム砂漠で、ソビエトの地質学者は、天然ガスで満たされた洞窟に出入りする場所を掘り始めました。 掘り起こしている時に事故が発生し、設備と輸送機が大きな穴に落ちてしまいました。 怪我人はいませんでしたが、穴からガスが出ていた。 穴が有毒ガスの放出につながることを恐れて、チームはそれを焼き払うことにしました。 炎は数日以内にすべて消えるものだと思っていましたが、、数週間、数カ月、および数年が経過し、今日でもまだ燃えています。2004年、トルクメニスタンのグルバングリー・ベルディムハメドフ大統領は、ダルヴァザ村を安全上の理由から別の場所に移動するように命令しました。 ガスは貴重な資源であり、また数十年間燃え続けているため、ガスの供給がなくなるか、最終的には穴が塞がれるかどうか、それがまだ燃焼している時間は誰にもわかりませんが、この天然ガス火災はトルクメニスタンの最も謎めいた光景の1つであり、毎年多くの観光客を魅了しています。

ダルヴァザガスクレーター
ダルヴァザガスクレーター
ダルヴァザガスクレーター

昼間にガスクレーターへ運転すると、それほど目立つものではなく、地面に穴があるように見えますが、近づくと、20メートルのクレーターで何千もの火の破片が燃えているのがわかります。 ガスが穴から出て、さらに炎症を起こして、熱風がさらに熱くなります。ダルヴァザクレーターへのツアーは夕方に開催されるので、クレーターの炎がゆっくりと鮮やかに燃え上がる夕日の魅力的な景色をお楽しみいただけます。 クレーターの周りには他の穴はほとんどなく、そのうちの1つはターコイズブルーの液体で満たされています。 これらの穴は端で崩れ、高温や天然ガスの臭いを感じるので、日中は注意して見ることをお勧めします。

ダルヴァザガスクレーター
ダルヴァザガスクレーター
ダルヴァザガスクレーター

天然ガスクレーターダルヴァザは、その平和と原始性が主な理由で、世界の他の多くの自然の光景とは異なります。 周辺には駐車場、ホテル、お土産はありません。テントやパオのキャンプだけです。

食べる場所はユルトキャンプ(そこに滞在している場合)または火口から数キロ南の場所だけです。 最寄りのショップはクレーターから90 kmのエルベントの村にあります。 旅行を計画するときは、火口に通じる主要道路は良好な状態ですが、最後の数百メートルは砂浜の道路を通っているので、オフロード車で移動する必要があります。

ダルヴァザガスクレーター
ダルヴァザガスクレーター
ダルヴァザガスクレーター

ダルヴァザガスクレーターへのガイドツアー:いつ行くべきか、何を期待すべきか

「地獄の門」またはダルヴァザガスクレーターは、トルクメニスタンのカラクム砂漠にある人間が作り出した地質学的驚異で、絶え間ない炎が燃え続けています。訪問者はその魅惑的な光景を、特に夜間に体験することができ、近くのユルトキャンプで滞在することで独自の文化的な没入体験をすることもできます。この炎上するクレーターは、自然の力と人間の介入を通じて忘れられない旅を提供します。

ダルヴァザガスクレーターへのガイドツアーに参加することは、この自然の驚異を十分に体験し、安全と便利さを確保するための優れた方法です。このガイドでは、いつ行くべきか、そしてこれらのツアーで何を期待するべきかについての概要を提供します。

いつ行くべきか

ダルヴァザガスクレーターは一年中アクセス可能ですが、訪問するのに最適な時期は、気温がより適度な10月から4月の間です。これらの月の間、日中の気温は耐えられる範囲にあり、冷たい砂漠の夜と燃え上がるクレーターとのコントラストが特に印象的です。

何を期待すべきか

ガイドツアーは通常、トルクメニスタンの首都アシガバートから開始され、クレーターに到達するまで約3から4時間かかります。以下に、典型的なツアー体験をご紹介します:

• 昼間の探検

到着したら、ダルヴァザガスクレーター周辺を探索することができます。近くにはいくつかの小さなクレーターがあり、その中には美しいターコイズ色の液体で満たされたものもあります。これらのクレーターの縁は不安定な場合があるので、探検する際は注意が必要です。昼間はダルヴァザガスクレーターは普通の穴のように見えますが、夕方になると、本当のスペクタクルが始まります。

• 夕方のスペクタクル

夕暮れ時には、ガイドがあなたを安全にクレーターの縁まで連れて行きます。夕日が下がり、クレーター内の炎上するガスが明るくなると、息をのむような景色に心を奪われます。暗くなる空とクレーターの炎が明るくなる様子は、忘れられない光景です。

• 一泊滞在

ほとんどのツアーには、近くのユルトキャンプでの一泊滞在が含まれており、星空の下でクレーターを体験することができます。砂漠上の空は通常澄んでいて、星空観察の絶好の機会を提供します。伝統的な夕食が通常含まれており、地元の料理を味わうチャンスがあります。

• 帰路

翌朝、朝食後、アシガバートへ戻ります。帰路は再び砂漠の風景を楽しむ機会となります。