ウズベキスタン料理の最初のコース - スープとその種類

ウズベキスタンのスープ マシュフルダ、ウズベキスタンのスープ

 

ウズベキスタンのスープ - 香りと味の宝庫

スープはウズベキスタンで非常に人気があり、国民料理において重要な位置を占めています。ウズベキスタンのスープはかなり濃厚で、にんじん、ビート、玉ねぎ、青菜、さまざまな香辛料が豊富です。

最も人気のあるウズベキスタンのスープはシュルパです。シュルパには数十種類のレシピがあります。「シュルパ・チャバン」 - 肉、ジャガイモ、玉ねぎ、トマトが入ったスープ、「シュルパ・マッシュ」 - 牛肉スープに緑の豆が入ったもの、「カウルマ・シュルパ」 - カブ、ジャガイモ、にんじんが入ったスープ、「キイマ・シュルパ」 - ミートボールが入ったスープ、「ショルゴム・シュルパ」 - カブが入った羊肉スープ、「キフタ・シュルパ」 - ミートソーセージ、エンドウ豆、その他の野菜が入ったスープなどがあります。

ウズベキスタンの国民的なスープ
ウズベキスタンの国民的なスープ
ウズベキスタンの国民的なスープ

もう1つ人気のあるウズベキスタンのスープはマスタバで、ここには肉と野菜が入り、供する際には酸っぱいミルク、胡椒、青菜が加えられます。また、同様に人気のあるスープにマシュフルダがあり、こちらには緑の豆、米、ジャガイモが入り、酸っぱいミルク、青菜、玉ねぎで仕上げられ、チョロップ - キュウリ、大根、青菜、酸っぱいミルクが入った冷たいスープもあります。

酸っぱいミルクをスープに使用する習慣は、トルコ人、現代のウズベクの先祖である遊牧民族だった時代に始まりました。酸っぱいミルクを含むスープの一般的な名前はカティクリです。