ウズベク料理

ウズベク料理

ウズベク料理:味のフェスティバル

ウズベク料理は中央アジアの一番美味しくてバリエーションが非常に豊かだと言えば間違いないでしょう。ピラフ、マンチ、シャシリック、ラグマン、サムサなどの料理の香りさえが魅力的でたぐに食べたくなります。

ウズベキスタンのレシピの多くには何世紀にもわたる歴史があり、料理の作り方のプロセスには現代までに達してきたさまざまな儀式もあります。ウズベク料理のユニックな特徴は何世紀にもわたって形成されてきました。

ウズベク国民食はウズベキス文化の不可欠な一部です。遊牧民族の隣人と異なり、ウズベク人は常に定住した農民であり、農業と畜産をやっていました。肥沃な谷でウズベク人は野菜、果物、穀物を栽培し、多くのウズベク料理の主な材料である牛肉のため牛を飼育しました。間違いなく、ウズベク料理は中央アジアの領土に定住していた近隣民族のチュルク、カザフ、ウイグル、タジク、タタール、モンゴルなどの伝統を吸収しています。

他の民族から受け入れた料理の中でロースト、ケバブ、ボグルサック、ストロー、ペリメニ(肉団子)、マンティ、ラグマンなどです。ネイティブウズベク料理であるピラフ、ヂムラマ、ブグラマ、ショルパ、マスタバなどが他の国のテーブルでも出てくることがあります。温暖な気候のため、穀物や豆類(グリーングラム、エンドウ豆)が豊富に収穫され、さまざまな果物、野菜、ブドウ、スイカ、メロン、ひょうたん、緑、果実、ナッツがここで育ちます。この美食の素晴らしさはすべてウズベク料理の調理に使用されています。こられがすべてウズベク料理の調理に使われます。

ペストリーとサワーミルクの料理は、ウズベク料理の重要な部分となっています。ウズベク料理には肉が広く使用されます。主にマトン、牛肉、馬肉です。各地方の料理の作り方が異なります。北部では、プロブ、ロースト肉、ペストリー、レピョーシカ(パン)が優先されます。南部では、人々は米と野菜の多種多様な複雑な料理や美味しいデザートも作ります。

普段ウズベク人が料理を手で食べ、床とか低いテーブル(ダスタルハン)を使います。テーブルに最初お菓子と果物、その後果物とサラダがサービズされます。次に、スープのおいしいシュルパ、厚いマスタバなどの順番です。食事はメインディッシュのマンティ、ラグマン、シャシリク、ピラフで終わります。

ウズベク料理はおそらくウズベキスタンの主要なサイトの1つであり、すべてのグルメが味わなければならないものです。

ウズベク料理のタイプ


ウズベク料理-ウズベキスタンレストランとカフェ

ウズベキスタンの主な観光地でお勧めするレストランのリストです。ウズベキスタンのレストラン、料理、写真、レビューの概要。

タシケントレストラン
サマルカンドレストラン
ブハラレストラン
ヒヴャレストラン
ヌクスレストラン
野菜料理のオプションがあるレストラン