ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)

サマルカンドのランドマークと観光名所トップ10

サマルカンドのランドマークと観光名所トップ10 ハズラト・ヒズル・モスク、サマルカンド

 

サマルカンドはウズベキスタンで最も有名な都市である。この壮麗な都市は、全盛期にはトルコ東部からインドまでアジア全域に広がっていた強大なティムール帝国の首都として、過去の栄華を今に伝えている。この都市は、キャラバンの商人、知識人、イスラム学者の避難所であり、その遺産は、現在サマルカンドが知られている手工芸品、宗教学校、天文台に今もはっきりと残っている。

歴史と伝説が魔法のように絡み合うこの文化の交差点へ、ぜひお越しください。サマルカンドのランドマークとアトラクション・トップ10には、それぞれユニークな見どころがあります:

1. レギスタン広場

レギスタン広場、サマルカンド

サマルカンドの至宝であるレギスタン広場は、かつてタメルランの首都の中央広場として使われていました。15世紀から17世紀にかけて丁寧に修復されたレギスタン広場は、現在ユネスコの世界遺産に登録されており、ウズベキスタンで最も人気のある観光スポットとなっています。ウルグベク・マドラサ(Ulugbek Madrasah)、シェル・ドール・マドラサ(Sher-Dor Madrasah)、ティラ・コリ・マドラサ(Tilla-Kori Madrassah)の3つの堂々たるモニュメントは、周辺のあらゆるものを凌駕し、多くの観光客の視線を釘付けにする催眠術に近い効果があります。お土産屋台が立ち並ぶモニュメントをゆっくり見て回ると、かつての王族の雰囲気が伝わってくる。夜に訪れれば、光の海に変貌するレギスタンを見ることができ、日の出とともに訪れれば、静謐なコンプレックスは別世界のようだ。特別な体験をしたいなら、隔年8月にレギスタン広場で開催される国際音楽祭「シャルク・タロンラリ」を目当てに旅行を計画してみてはいかがだろう。

2. グール・エミール廟

グール・エミール廟、サマルカンド

サマルカンドの衝撃的な美しさを支えた恐るべき征服者であり指導者であるタメルラン(現地ではアミール・ティムールとして知られている)は、いくつかの宮殿に匹敵する霊廟に埋葬されている。ターコイズブルーのクーポラ、釉薬のかかったレンガ、豪華な大理石のデザインがトレードマークのグール・エミールは、タージ・マハルの設計図となり、現在ではウズベキスタンで最もよく知られたランドマークのひとつとなっている。興味深いことに、タメルランはグール・エミールに埋葬されるつもりはなかったし、サマルカンドに埋葬されるつもりもなかったのだが、予期せぬ出来事の後、彼は現在、数人の近親者や師とともに首都に埋葬されている。グール・エミールの中庭の眺めはそれだけでも素晴らしいが、内部の地下室は本当に見ごたえがある。敷地内のガイドが英語で短いツアーを提供しており、彼らの話は事実とフィクションが混在しているかもしれないが、確実に体験を高めてくれる。夜に戻れば、別世界のような輝きを放つグル=エミール廟を見ることができる。

3. フジュム・シルク・カーペット工場

フジュム・シルク・カーペット工場、サマルカンド

ウズベキスタンの絨毯織りの歴史を学びながら、絹糸の紡ぎ方、天然染料の製造工程を見学できる。ウズベキスタンの絨毯織りの歴史を学びながら、絹糸がどのように紡がれ、天然染料がどのように生産されるかを実際に見てみましょう。地元の女性たちが何ヶ月もかけて織り上げる上質な絨毯の数々を目の当たりにし、彼女たちから織り方のコツを教わったら、実際に糸を織ってみよう。ウズベキスタン独特の刺繍を鑑賞した後は、倉庫であらゆるサイズ、色、デザインのカーペットを購入することができます。フジュム・シルクカーペット工場の見学は、サマルカンドの芸術的な一面を体験でき、蒸し暑い午後を日差しから逃れて過ごすのに最適な方法です。

4. ビビ=カーンム・モスク

ビビ=カーンム・モスク、サマルカンド

15世紀初頭の建設当時、世界最大級のモスクであったビビ=カーンム・モスクは、アミール・ティムールのインド征服後の勝利の渦中に建設された。どの説を信じるかによって、この最先端の建築はティムールの愛妻ビビ=カニムに捧げられたか、戦場から戻った夫へのサプライズとして王妃が建てたかのどちらかだ。いずれにせよ、過度な建築家たちは大きさのために構造の完全性を妥協し、建物は数年で崩れ始めた。奇跡的にビビ=ハンニムは、最近の大規模な修理によってこの巨大な美しさが安定するまで、部分的に無傷のまま保たれ、今ではウズベキスタンで最も有名なランドマークのひとつとなっている。ビビ=カニームに欠けている輝きは、その巨大さと、それを取り巻く色とりどりの神話によって補われている。中庭を飾る巨大な石のコーランは子宝に恵まれるという噂があり、若い女性がその台の下にもぐりこんでいるのを見かけても驚かないでほしい。

5. シアブ・バザール

シアブ・バザール、サマルカンド

タメルラーヌの歴史的帝国から現代のサマルカンドに足を踏み入れるなら、ビビ・カンニム・モスクのすぐ隣にある、活気あふれるシアブ・バザールがおすすめだ。きらびやかな織物、人目を引く土産物、季節の果物など、色とりどりの商品がずらりと並ぶ通路は目を楽しませてくれる。また、サマルカンド名物のパンの香りが漂い、売り子たちが気さくに試食に誘う様子は、多くの旅行者にとってたまらない誘惑だ。シーアブ・バザールは、のんびりと歩き回り、人々を眺めながら、あらゆる景色や音に浸ることができる素晴らしい場所だ。衣服、スカーフ、帽子、装身具、刺繍のバッグ、陶器、手彫りの箱、中央アジアならではの食用スイーツなど、お土産を買い込むにも最適な市場だ。

6. シャキー・ジンダ

シャキー・ジンダ、サマルカンド

紺碧に輝くシャキー・ジンダ(生ける王)の回廊は、ウズベキスタンを訪れる多くの旅行者に愛されている。その巨大な中央階段の両脇には、王室や宗教的な偉人たちの20ほどの建物や墓があり、何千枚ものカラフルなタイルで飾られています。墳墓は11世紀から15世紀の間に少しずつ建てられたものだが、それぞれの基本構造はほぼ同じで、荘厳で統一感のある外観となっている。青と緑のマジョリカタイルの海の中を階段を上っていく視覚効果は、壮観の一言に尽きる。多くの墓は改修されているが、オリジナルの面影を残すものもあり、どれもそれぞれに美しい。特に午前中は絶好の写真スポットだが、この場所を神聖視する地元の宗教観光客が多いので、注意することをお忘れなく。

7. ウルグベク天文台

ウルグベク天文台、サマルカンド

ウルグベクの遺産は、タメルランと同じくらいサマルカンドに浸透している。天文学の分野で最もよく知られているタメルランの孫であるウルグベクは、中世の中央アジアで最大の天文台を建設し、当時の最も偉大な天文学者の一人として認められている。3階建ての天文台の大部分ははるか昔に破壊されたが、その大きな地下アークは、ウルグベクの科学分野への独創的な貢献を証明するものとして残されている。ウルグベク天文台は、ウズベキスタンで最も多くの人が訪れるランドマークであり、観光名所のひとつである。丘の上にあるため、六分儀の後ろからの眺めも良い。この複合施設には、王室の天文学者の業績に関する、小さいながらも魅力的な博物館もある。

8. ダニエルの墓

ダニエルの墓、サマルカンド

たった一つの墓など、ちょっと寄り道する価値もないと思われないように、ダニエルの墓は普通の埋葬地ではないことを知っておいてほしい。長さ18メートルの地上の棺には、聖書とコーランに登場する預言者ダニエルの遺骨が納められていると言われており、その墓は地元の多くのイスラム教徒に崇められている。この棺がどのようにしてイランからウズベキスタンに運ばれたのか、またなぜダニエルの遺骨を納めるためにこのような巨大な棺が必要なのか、その詳細は定かではないが、ここで諸説を列挙する代わりに、ぜひウズベク人に彼らの解釈を尋ねてみてほしい。ダニエルの墓で巨大な棺を見た後は、近くに生えている樹齢500年のピスタチオの木や、丘のふもとにある聖なる水とされる天然の泉にも注目してほしい。ウルグベク展望台とアフロシアブ遺跡の間に位置するダニエルの墓は、20~30分のツアーで役立つ背景情報を提供してくれるガイドを雇うのがベストだ。

9. アフラシアブ遺跡

アフラシアブ遺跡、サマルカンド

タメルレーヌはそうではないと信じているようだが、サマルカンド周辺には征服者が到着するはるか以前から高度な文明が存在していた。アフラシアブ考古遺跡と博物館はその証拠となるもので、古代ウズベキスタンをもっと深く知りたい人に生の探索を提供している。ウズベキスタンのサマルカンド地方で最も古いアトラクションのひとつであるこの広大な遺跡は、実は伝説のマラカンダであり、紀元前5世紀頃に築かれ、中世後期まで人が住んでいたソグディアナの首都であると多くの人が信じている。丘の中腹にあったこの都市には、装飾された宮殿、要塞、居住区、浴場、水道管、職人センターなどがあった。現在、その静かな廃墟は陶器の破片が散乱しているが、かつての壮麗さの片鱗は併設の博物館で見ることができ、宮殿のフレスコ画やその他の発見物は想像力をかきたてるに違いない。

10. メロス製紙工場

メロス製紙工場、サマルカンド

サマルカンドの国境を越えたところにあるコニギルの町では、地元の家族が桑の木から紙製品を作る古代の技術を復活させている。この技術は、8世紀から9世紀にかけて中国の囚人によって初めてこの地域に伝えられ、すぐに地元の文化に吸収された。その庭園、小川、木製の水車、茶室は、サマルカンドの繁華街で忙しい一日を過ごした後の休息とくつろぎを約束してくれる。天然素材の紙製品を一から作る工程は面倒かもしれないが、その結果、何百年も使える丈夫な素材ができる。ツアーの最後には、楮紙だけで作られた文房具、衣類、アクセサリーなどを購入することができる。工場まではサマルカンドから車で約30分。市内からタクシーの運転手に頼むか、旅行代理店を通じて事前に手配することができる。

サマルカンドのランドマークとアトラクション・トップ10のリストには、次点となるいくつかを挙げなければ完全とは言えない:

- ハズラト・ヒズル・モスク サマルカンドの観光シーンに新しく加わった、19世紀の陽気なハズラト・ヒズル・モスクは、8世紀に建てられた前身モスクの跡地にある。明るく塗られたベランダや繊細な木工細工は、中世のものとはデザインや建築様式が異なり、一見の価値がある。

- ホフレンコ・ワイン工場 この地方で最も有名なワイナリーであるホフレンコ・ワイン工場は、19世紀半ばから営業している。博物館のツアーでは、地元のワイン製造方法やワイナリー設立のきっかけとなった出来事を紹介した後、いくつかの地元品種の試飲で締めくくる。

- イマーム・アル・ブハーリー廟: ブハラ出身の9世紀の有名なイスラム学者に捧げられた大規模な埋葬施設。人気の巡礼地であるイマーム・アル・ブハーリー廟は、サマルカンドからブハラへ向かう道のすぐ外れにあり、霊廟、モスク、中庭、小さなバザールなどがある。