キルギス旅行

キルギス旅行 キルギスでの鷹狩り

 

キルギス旅行は、あなたを中央アジアのスイスアルプスに連れて行きます。この地は過密都市や観光公害によって損なわれることのない驚くほど豪華な土地です。キルギスは潔いほどにシンプルでのんびりした国であり、国民は親切で勤勉です。手付かずの美しい自然は多様な冒険旅行へ導くことでしょう。

遊牧民は先祖の足跡をたどって高山の牧草地に行き、そこで訪問者は遊牧生活を味わうことができます。歴史は、この地のあらゆる要塞、塔、ペトログリフに刻まれており、土地の劇的な過去を思い出させます。田舎道では馬、ロバのカート、使い古されたバス、新しくてきれいな車が同時に出てくることがあります。そして、フレンドリーなキルギス人は、ソウルフルな歌、カラフルなフェルト、昔ながらの伝統を通して独自の文化を表現します。

キルギス旅行に興味が湧いたら、この旅行ガイドを利用してキルギスについての質問の答えを手に入れることができます。

現地旅行会社からのキルギスへのガイド

コンテンツ

キルギスを訪ねる価値がありますか?

キルギスは世界の多くの人々にとって謎のままですが、バックパッカーには長い間中央アジアでナンバーワンの目的地であり、過去数年にわたってあらゆる種類の観光客が徐々に訪れています。旅行者をこの小さな内陸国に引き付けるのは何でしょうか?

  • キルギスは魅力的な国です。この国の美しさは、高山湖、広大な森、緑豊かな牧草地、泡立つ川、赤い岩の峡谷は言うまでもなく、雄大な天山山脈の最も輝かしい峰のよって成り立っています。
  • キルギスは外国人に対して非常に優しい国であり、キルギス人のおもてなしと国の簡単なビザルールはそれを示しています。この国は長い間、中央アジアで観光客に最も優しい目的地の1つとされており、それはこれからも長く続くでしょう。
  • キルギスは冒険的です。遊牧民の家族と一緒に本物のユルタ(パオ)で過ごす、馬に乗って山を歩く、遠くの峡谷で急流下りする、古代とソビエトの歴史を1週間以内で探索することができます。

夢の休暇

馬に乗って氷河に覆われた山頂の雪を登り、おとぎ話の峡谷の魅惑的な谷をハイキングし、イシク・クル湖で水泳、日光浴と山の景色をお楽しみください。チョルポン・アタのペトログリフからタシュラバットの城跡とオシュでの巨大なレーニン像までの地元の歴史は豊かです。キルギス料理は同じぐらい多様です。新しくて美味しい味を試してみてください。

それぞれの体験は、本物のキルギス遊牧民の伝統的な文化の一部であり、独特の激しいスポーツやカラフルな民族衣装や細かく編まれた手工芸品、そして何世紀にもわたって築かれた伝統などを通して表現されています。

全ての体験を含めることは不可能ですが、キルギス旅行スケジュールにお勧めの体験は下記の通りです。

主なアウトドア体験:
主な歴史的体験:
主な文化的体験:

キルギスビザ

キルギスはこの地方でのもっとも訪問しやすい国であると言って間違いないでしょう。50以上の国籍に適用される60日間のビザなしでの入国と、日本とロシアを含む多数の国籍の無制限のアクセスが可能です。キルギスビザを必要とする殆どの観光客は、電子申請書を提出するだけ簡単に取得できます。少数の国籍がキルギスビザの取得には招待状が必要になります。

キルギスビザに関する情報はこちらのリンクでご覧ください。

キルギス旅行は安全ですか?

「スタン」で終わる国への旅行と聞くと多くの人は恐ろしいと思うかもしれないですが、おもてなしの良いキルギスはこの評価に値しません。2020年半ばの時点で、キルギスは米国務省の旅行勧告システムでレベル1のカテゴリーに入っています。つまり、キルギスは世界で最も安全に訪問できる国の1つです。キルギスへ行ったことのある観光客は、キルギス人の親切で心のこもった性質と、この地の輝かしい印象は一生忘れられない思い出になると言います

キルギス旅行の安全に関する重要なヒントは、適した物を使って通常の安全対策を講じ、一人で旅行するときや夜間に注意を払うことです。高山病や突然の天候の変化などの自然災害に注意してください。タジキスタンとウズベキスタンの近くの国境地域での不当な旅行は避けてください。これらのガイドラインを念頭に置いて、キルギスの人々に歓迎されていることを忘れないでください。

交通機関を選ぶ

ロシア、トルコ、アラブ首長国連邦、その他の地域からのフライトでキルギスに簡単にアクセスできるため、国内での体験のためにエネルギーを節約できます。さらに、カザフスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、中国からキルギスへのアクセスを提供する国境検問所がたくさんあり、その国境の多くは自家用車やバイク、徒歩で渡ることができます。

国内輸送には、バス、電車、ミニバス、自家用車のグループ会社が含まれ、車はタクシーを兼ねることができます。システム全体は見慣れていない目には雑に見えるかもしれませんが、実際には非常に効率的に機能し、目的地に行くための選択肢は複数あります。

キルギス の旅行シーズン

中央アジアの他の地域とは異なり、キルギスは春よりも夏に最も美しく観光客に優しい季節を迎えます。国は自然の素晴らしさに満ちており、年ごとに独自の刺激を提供します。

冬:スキーとスノーボードのシーズンは11月中旬から5月まで続きます。この時期は旅行者が大幅に少なくなるため、ほとんどの宿泊施設とツアーオペレーターは割引価格を提供します。予測できない天候は旅行計画に影響を与える可能性があるため、冒険心を持って行ったほうがいいでしょう。

春: キルギスの最短シーズンの初めの数週間に頻繁に降る降雨は、5月までに花畑と緑豊かな山の風景に変わります。

夏: 降水量が少なく、山の気温が高く、お祭りがたくさんある夏は、ハイキング、山岳探検、パオキャンプでの滞在、イシク・クル湖の近くでのんびりするのに理想的な季節です。

秋: 天候は少々悪くなるかもしれませんが、キルギスの秋は観光客が少なく良い季節です。地元の農産物でいっぱいのバザールや、乗馬やラフティング、歴史的なツアーなどの機会があります。

キルギス旅行マップ

キルギス旅行マップを使って、国の主要な目的地の所在地とそれぞれの地方が提供するものを見つけてください。

キルギス旅行マップ

 

キルギス旅行には何日必要ですか?

この質問の簡単な答えは、「できる限り長く」です。キルギスにはアウトドア体験の機会が豊富なので全てを数日に詰め込むことは難しいです。加えて山岳地帯であるために、ある目的地から次の目的地へ効率的に移動することが困難です。キルギス旅行日程を計画する際には、次の情報が役立つでしょう。

  • ビシュケク – 首都は着陸地点というだけでなく、広い大通りや歴史的に重要な名所が多い。ショッピング、エンターテイメント、食事の多数多様なオプションを提供している。
    どのぐらい泊まればいいですか?近くのアトラクションへの日帰り旅行をしたい場合は2~3日間
    主な見どころ:アラトー広場、オークの木が立ち並ぶ公園、オシバザール
    違う体験をしたい方は:アラ・アルチャ峡谷と古代バラサグンにあるブラナの塔へ日帰旅行する。
     
  • オシ またはオシュ-ウズベク文化の影響を強く受けているキルギス南部の首都。
    どのぐらい泊まればいいですか?1~2日間
    主な見どころ:スレイマン・トー山脈、レーニン像(中央アジアでの最大な像)、ナボイ公園
    違う体験をしたい方は:キルギス・アタ国立公園でリラックスしたり、ウスゲンの歴史的な町やバザールを巡る。
     
  • ジャララバード-ビシュケクとオシュの後、人口の多い都市。シルクロードの主な都市の一つであり、聖なる都市と見なされている。
    どのぐらい泊まればいいですか?1日間
    主な見どころ:レーニン通り、ジャララバードサナトリウムでのミネラル泉、アルサンボブクルミの森
    違う体験をしたい方は:カラ・スル村とかサリィ・チェレク国立公園の近くでホームステイを体験する。
     
  • カラコル-イシク・クル湖の伝統的な町、国内で4番目に大きな都市であり、マウンテントレッキングの出発点。
    どのぐらい泊まればいいですか?1~2日間
    主な見どころ:ホーリートリニティ正教会、ドゥンガンモスク、プルジェヴァリスキー博物館
    違う体験をしたい方は:少数のウイグル人またはドゥンガン人の家族と食事をしたり、近くのジャルガランの家族と一緒に滞在しながら地元のパンを作る。
     
  • チョルポン・アタ-イシク・クル湖沿いのリゾートと歴史的な町
    どのぐらい泊まればいいですか?2日間
    主な見どころ:チョルポンアタペトログリフ、ルフ・オルド文化センター、イシク・クル国立歴史と文化博物館
    違う体験をしたい方は:山のユルタキャンプで一泊、またはイシク・クルでパラセーリングを体験する。
     
  • ナリン-キルギスで最も山岳で伝統的な州の地方首都
    どのぐらい泊まればいいですか?周辺を探索したい場合は2日間
    主な見どころ:コショイ・コルゴン宮殿、アト・バシ村、ナリン川ラフティング
    違う体験をしたい方は:トルガルト峠に向かい、途中でタシュ・ラバトキャラバンサライに立ち寄る。
     
  • コチコル-小さいながらも快適な山間の町と、この地域を通過する観光客にとって便利なストップオーバー
    どのぐらい泊まればいいですか?1~1.5日間
    主な見どころ:アルティンコル手工芸品、ソンクル湖、コチコル地方博物館
    違う体験をしたい方は:チョントゥス塩の洞窟を探索するか、コルウコック湖のパオで一泊
     
  • タラス-キルギスの最西端の都市の中であり、タラスはカザフスタンと国境を接しており、観光客はほとんどいません。
    どのぐらい泊まればいいですか?1日間
    主な見どころ:マナスオルド、キロヴ貯水池、トゥユク・トルペトログリフ
    違う体験をしたい方は:近くのアクドボ村にあるベシュ・タシュ国立公園またはヘルゼン博物館を訪ねる。

当社のサービス

キルギスは観光客にとって素晴らしく旅行するのに優しい国です。この国は、独立したバックパッカーから観光客グループや子供連れの家族まで、全ての旅行者のために多くの宿泊施設、国内旅行のための複数のオプション、そして山の牧草地でのスペースを提供します。これらのオプションをナビゲートするのに少し助けを使うことができる人のために、以下の情報ページを検索するか、さらに電子メールでお問合せください。

アドバンツアーが提供するサービスは次のとおりです。

出張旅行サービス
-キルギスではカンファレンスを計画しているなら、交通機関やホテルから設備、翻訳者、警備員、チームビルディング活動まで、あらゆるサービスの手配を私たちにお任せください。
ビザサポート
-ビザ要件を学ぶためにリストを閲覧しビザサポートが必要であれば、その手続きを始めてください。
フライトのチェック
-キルギスに就航している主要航空会社の最新のフライトスケジュールにより、到着と出発を簡単に計画できます。
交通機関の予約
-レンタカーまたは 空港または国境から次の目的地までの地上交通機関をアレンジさせていただきます。
ホテル予約
-キルギスの複数の都市のホテルを閲覧して予約します。
グループツアーの手配
-少人数出発決定ツアーに参加の手配をします。
個人化された旅程
-ご希望のプライベートキルギスツアーの予約、またはユニークな旅程を設計させていただきます。

キルギスの祝日とお祭り

キルギスの休日は過去を尊重し、比類のないお祭りを通して伝統を永続させます。国の遠い遊牧民の歴史であろうと、最近の世界征服者に対する苦労して得た勝利であろうと、国民はお祭りをスタイリッシュに祝います。これらのお祝いの1つでもキルギスの旅行日程に組み込むことを検討してください。

フォークフェスティバル, キルギス旅行
クプカリ遊牧民の下ゲーム, キルギス旅行
民族際, キルギス旅行

ナヴルズ (3月21日) -中央アジアとペルシャの伝統的な新年であり、春の到来を歓迎するお祭りです。キルギスでこのお祭りは歌と踊り、ゲーム、伝統的な食べ物、そして無数の野外活動とともに盛大に祝われます。
お勧めの場所:イシク・クル湖、ビシュケク、各市や各村には特別なイベントがあります。

戦勝記念日 (5月9日)-ソビエト時代に生まれた勝利の日は、ナチスドイツに対する勝利を記念します。第二次世界大戦の退役軍人を称える壮大な式典、パレード、スピーチ、コンサートなどが行われます。
お勧めの場所:ビシュケク

独立記念日 (8月31日)-キルギスの独立記念日です。この日は大統領のスピーチ、軍事パレード、国民的スポーツの大会、ダンス、民族的な料理や花火などが行われます。
お勧めの場所:ビシュケク

民族騎馬競技大会 (7月、日付は異なる)-長い間キルギスの遊牧民ライフスタイルの中心であった乗馬活動であり、今は伝統的騎馬競技大会になっています。この大会の日には伝統的な洋服、民族的な料理とキルギスの職人技の展示も見ることができます。
お勧めの場所:ソンクル湖地域でのキジル・オイ村

猛禽類のフェスティバル (8月上旬) -キルギスの狩猟鳥のデモンストレーションを中心とした楽しいカーニバルです。このフェスティバルには、フェルト作り、競馬、伝統的なダンスショー、パオの作り方のプレゼンテーションなど、さまざまなアクティビティも行われます
お勧めの場所:イシク・クル湖の地域

キルギス料理に興味がありますか?

キルギスは、焼きたてのパン、おいしいサムサペストリー、マンティと餃子などのような中央アジアのスタンダード料理を提供します。ローカライズされたお気に入りを試してみたい人は、必ず次の料理を食べてみてください:

  • ベシバルマック-自家製麺、ジャガイモ、牛肉または馬肉の古典的な遊牧料理
  • クイルダク-肉、ジャガイモ、玉ねぎ、スパイスのワンプレート料理
  • アシラム・フ-麺、肉、野菜がたっぷり入ったドンガン人の冷たいスープ
  • ブウルソク-揚げて膨らんだ生地のボールは必ず気に入るでしょう
  • 魚の干物-イシク・クル湖からの塩漬け魚
  • オロモ-肉やジャガイモを詰めた自家製麺
  • ディムラマ-牛肉と新鮮な野菜の蒸し焼き料理
  • クルト-バジルや唐辛子風味の酸っぱい塩味ミルク/チーズボール
  • マクシムとボゾ-キルギス独特の穀物ベースのサワードリンクで、必食です。

キルギスタン料理の詳細については、以下リンクでお読みください

キルギスですべきこと、すべきでないこと

キルギスは、公法と外国人の受け入れの両方の点で、中央アジアで最もリラックスした目的地の1つです。下記のキルギス旅行アドバイスが全てとは言えませんが、キルギス冒険に向けて準備を進める際に正しい方向を示すことができるでしょう。

キルギスですべきこと:
  • 旅行を計画するときは、冬の山道が危険または通行不能になる可能性があること、高地のユルタキャンプは夏でも驚くほど肌寒くなる可能性があることを考慮してください。
  • 気象条件、直前のスケジュール変更、計画外の機会が発生する可能性があるため、旅程には余裕を持った方がいいでしょう。
  • ホームステイ、小さなカフェ、家族経営の土産物店、地元のスタートアップを支援するキルギスツアープログラムにお金を投資して、責任ある観光を実践しましょう。
  • 誰かの家にいるときは、ドアで靴を脱ぐ、屋外トイレを使う、地面に座って食事をするなどのような地元の習慣とライフスタイルを体験するので準備をしておいた方がいいでしょう。
  • この地での旅行中には新しい体験、新しいスポーツ、珍しい食事などに出会うので、それを受け入れる気持ちで行ったほうが後悔しないでしょう!
キルギスですべきでないこと:
  • ビシュケクを離れると、稼働中のATMを探すのが難しい場合があるので、最後まで現金を引き出すのを待つこと。
  • キルギスの標準的なプロトコルである親切さとサービスに対して、ヒッチハイクやホームステイする際に支払いをしないこと。
  • 特に地方で、キルギス人が英語を話すことを期待すること。
  • キルギスの都市や小さな町の豊かな文化を見落とすこと。この地の文化は、その自然と同じくらい魅力的です。
  • 経験豊富なトレッカーでなく、一人で山に出かけること。

現地の言葉を話す

キルギス語とロシア語は国の公用語であり、キルギス語は地方で、ロシア語は首都でよく使われます。キルギス語は歴史的にカザフ語と密接に関連しているチュルク語ですが、この国でのロシア語の普及は20世紀のソビエト時代に広まりました。

フレーズ キルギス語 ロシア語
こんにちは Informal: Салам (Salam)
Formal: Саламатсызбы (Salamatsyzby)
Привет (Privyet)
お元気ですか? Kандайсыз? (Kandaysyz?) Как дела? (Kak dela?)
さようなら Көрүшкөнчө (Korushkoncho) До свидания (Do svidaniya)
ありがとう Рахмат (Rahmat) Спасибо (Spasibo)
はい/いいえ Oоба (Ooba)/Жок (Jok) Да/Нет (Da/Nyet)
…(空港)は、 どこですか? Аэропорт кайда (Aeroport kayda) Где... (аэропорт)? (Gde... (aeroport?))
いくらですか? Бул канча турат? (Bul kancha turat?) Сколько это стоит (Skol’ko eto stoit?)
私の名前は… Менин атым... (Menin atim...) Меня зовут... (Menya zovut...)
わかりません Түшүнгөн жокмун (Tushungen jokmin) Я не понимаю (Ya ne ponimayu)
すみません Кечириңиз (Kechiringiz) Извините (Izvinite)
初めまして Таанышканыма кубанычтамын! (Taanyshkanyma kubanychtamyn!) Очень приятно познакомиться (Ochen priyatno poznakomit'sya)

バーチャルキルギス旅行ガイド:さらに読む

ご存知ですか…

  • キルギスの土地の90%以上は山岳地帯です。
  • 非常に農村が多く、キルギスの人々の約3分の2が都市の外に住んでいます。
  • キルギスの山々には、コーカサスとアルプスを合わせた氷河よりもっとも多くの氷河があります。
  • キルギスのイシク・クル湖は、世界で2番目に大きい高山湖です。
  • 世界最大のクルミの森は、キルギスのアルスランボブにあります。
  • 国の歴史の中心であるキルギス詩マナスは、世界で最も長い叙事詩の1つです。