トルクメニスタン旅行

トルクメニスタン旅行 トルクメン女性

 

トルクメニスタンは多くの隠れた宝のようにアクセスが難しいですが、それ以上に訪れる価値があります。トルクメニスタンの旅では、シルクロードの秘密や砂漠に埋もれた遺跡が残る神秘的なカラクム砂漠を訪れます。文明を忘れてしまったかのような錯覚に陥った時、長いローブを身にまとった砂漠の村人たちが残してきた古くからの伝統が、あなたを驚かせ、感動させてくれます。砂漠の縁の岬には、カスピ海が蜃気楼のように現れます。

首都アシガバートは、訪れるだけで驚かせてくれる、贅沢を体現する大理石で覆われた壮大な都市です。その間、マル、クニャ・ウルゲンチおよびゴヌル・デペの古代都市の太陽輝きの下で眠る歴史を垣間見ることができます。トルクメンの誇りであるアハル・テケの馬は、戦争と遊牧民の歴史の生きた証であり、その歴史は、好奇心旺盛な訪問者をもてなして歓迎する市民の礼儀正しさからは、ほとんど見られません。

現地旅行エキスパートに聞くトルクメニスタン旅行ガイド

コンテンツ

トルクメニスタンは訪れる価値がありますか?

地球上で最も訪問者の少ない国の一つとされ、75%近くが砂漠に覆われているトルクメニスタンを訪れる観光客を惹きつけるものは何なのか。訪れた観光客が、この謎にあふれる国に恋をしてしまった理由をいくつか挙げてみましょう。

トルクメニスタンはエキゾチックな国、人々の部族的なルーツとシルクロードとのつながりが今でもどこを見渡しても感じられる、時を忘れた国です。その伝統的な文化と人里離れた土地柄は、グローバリゼーションによって変化していない地球上の数少ない一角で、今までにない体験を求める旅行者を魅了しています。

トルクメニスタンは変わった国、なにもかもがユニークであることが知られています。ほかの国にはない変わった休日から、独特のヘッドドレス、ギネス記録に至るまで、いろんな国を訪れた人でも驚く、トルクメニスタンの魅力をご紹介します。

トルクメニスタンの魅力、ユニークさだけでなく、時代に忘れられた遺跡から滲み出る歴史、町に住む優雅で威厳のある人々、高級絨毯や純血種の馬、自然の特性が持つ比類のない美しさにあります。旅の中で、より深く、心のこもった影響を受けたい方は、トルクメニスタン旅行を検討してみてはいかがでしょうか。

夢のバカンス

トルクメニスタンを夢のバカンスと表現する人はほとんどいないと思われますが、この国では多数多様なタイプの休暇が可能です。

歴史に興味のある方は、古代都市の遺跡を探検したり、アウトドアの冒険家はキャンプやトレッキングでトルクメニスタンの大自然の中を旅することができます。動物好きの方には、生涯で見たことのないほどの数のラクダを目の当たりにしたり、トルクメニスタンが誇る馬と出会ったりすることができます。文化に興味のある方は、博物館、バザール、モニュメントなどの都市部に加え、地図には載っていないような砂漠や山間部に住む人々と触れ合うこともできます。誰もが、語り継がれる物語、一生の思い出を携えて帰国することでしょう。

弊社のトルクメニスタン観光パッケージは、主要都市を巡る日帰り旅行から、隣国ウズベキスタンやその先の国への長期間のツアーまで、様々なものがあります。各ガイドとドライバーは経験豊富で知識が豊富で、旅行者に必要なあらゆる情報について最新の知識を持っており、どのツアーもお客様の安全と最適な体験を念頭に置いて構成されています。

トルクメニスタンでは、飽きることのない想像を超えた冒険が待っています。

歴史を体験する
文化を体験する
アウトドア体験

トルクメニスタンのビザについて

トルクメニスタンは、中央アジアの中でも特にビザの取得が難しい国として知られています。アドバンツアーや選んだ旅行代理店が手続きを案内してくれるので、観光ビザを申請したお客様のほとんどがビザを取得しています。余分な手間は、トルクメニスタンでの非日常の体験の一部であり、それだけの価値があるということを忘れないでください。

観光ビザは、日本のトルクメニスタン大使館でガイド付きツアーを事前に予約した個人にのみ発給されますが、トランジットビザは、旅行中に陸路または空路で国内を通過する必要があることを証明できる人に、5日間までの発給が少なからずあります。

ビザについてはこちら.

トルクメニスタンの安全について

トルクメニスタンは、アクセスのしやすさやビザの点では欠けていますが、到着後は安全性が保証されているので、それを補う利点があります。旅行者にとっては非常に安全な国であり、軽犯罪は非常に珍しく、凶悪犯罪はさらに稀です。

トランジットビザで通過する場合を除き、トルクメニスタンでの個人旅行は許可されていません。免許を持ったガイドの同行が必要となりますので、ほとんどの場合、同行していただくことになります。このような添乗員の多くは、文化へのかけがえのない架け橋となり、通訳や経験豊富なガイドとして、果てしない大自然を案内してくれます。

現地では、貴重品を安全な場所に保管し、現地の法律を遵守することは当然のことですが、実際のところ、安全や法律上の問題に遭遇する観光客はほとんどいません。基本的には、トルクメニスタンで安全や法律上の問題に遭遇する観光客はほとんどいませんが、現地のガイドラインに従わない場合には、現地でのトラブルの原因となる可能性が高いことを知っておいてください。

交通手段について

トルクメニスタンは国際社会から孤立しているかもしれませんが、イスタンブール、ドバイ、モスクワ、サンクトペテルブルク、デリー、バンコク、アルマトイなどの主要都市間のフライトを利用して簡単にアクセスすることができます。バックパッカーに対しては、ウズベキスタンやイランとの国境が外国人にも開放されていることがうれしいニュースです。

トルクメニスタンでは、ほとんどの観光客はガイドが同行しており、事前に国内旅行の手配をしてくれます。一般的な交通手段としては、市内では自家用車、砂漠を移動する場合は4WD、長距離を移動する場合は安価な航空券があります。列車での移動はガイド付きでも可能ですが、近隣のカザフスタンやウズベキスタンに比べるとあまり一般的ではありません。

旅行シーズンについて

トルクメニスタンの砂漠の暑さは中央アジアで最も暑い国の称号を得ていますが、その気候や地形には砂や暑さだけではありません。トルクメニスタンのツアーを予約する際には、それぞれの季節の特徴を考慮してください。

冬: トルクメニスタンの冬は驚くほど寒く、特に山間部やウズベキスタンとの国境を接する北部地域では寒い日が続きます。また、この時期は降水量が多いので、特に砂漠では雪が降っても大丈夫なように準備をしておきましょう。

夏: カラクム砂漠の7月と8月はあまりお勧めできませんが、暑さに強い人にとっては、トルクメニスタンの夏はカスピ海沿岸のアワザでのんびりしたり、コペット・ダグ山地でキャンプをしたり、広い大通りを独り占めするには理想的な季節です。

春: 中央アジアの春は最も輝かしい季節で、トルクメニスタンも例外ではありません。3月から6月にかけては、穏やかな気候、祝祭日、芽吹きかけた風景、新鮮な農産物などが、この国を魅力的な色で彩ります。

秋: 夏の灼熱の暑さと冬の冷たい降水量の間に挟まれた短い期間ですが、トルクメニスタンの秋は美味しい果物と温暖な気候で満たされています。ハイキングやその他のアウトドア活動は秋から春にかけてが最高です。

トルクメニスタンの旅行マップ

トルクメニスタン地図を活用して、国内の主要な観光地を調べてみましょう。

トルクメニスタンの旅行マップ

 

トルクメニスタンを観光するには何日必要?

トルクメニスタンへの旅は、それぞれの旅行者の興味や目的、スケジュールに合わせて、それぞれの旅行者に合ったものになるでしょう。このガイドラインは多くの旅行者の経験に基づいており、トルクメニスタン旅行を計画する際に参考にしてください。

サポートについて

トルクメニスタンは、経験豊富な旅行者であっても大変な国です。アドバンツアーでは、基本的なアドバイスから、ホテルの予約、航空券の予約、ビザのサポート、グループツアーやプライベートツアーの手配まで、お客様のご旅行に必要なあらゆるサポートをご用意しております。

トルクメニスタンの旅行サービスをご紹介します。

ビザサポート
招聘状の提供に加え、申請のお手伝いをします
航空券手配
お客様の予定に合わせて航空券を手配いたします。
交通サポート
陸路はもちろん国内航空券の手配をいたします。
ホテル予約
トルクメニスタンのホテルを紹介、予約いたします。
グループツアー手配
あらかじめ決まっている出発日の少人数ツアーに参加いただけます。
個人ツアー
ツアーパッケージからお選びいただくか 、お客様の希望に沿って予定を組むこともできます。

トルクメニスタンの祝日と祭日

トルクメニスタンでは、新年、女性の日(3月8日)、ペルシャの新年(3月21日)、独立記念日(9月27日)など、地域の祝日を祝うのが一般的ですが、珍しい祝日も祝われています。

水の一滴は金の一粒の日(4月の第1日曜日) ―希少で貴重な水と、この砂漠の地で水を守る人々が、野外フェスティバル、ごちそう、スポーツ大会、最新の油圧機器のお披露目などで特別に注目されます。
お祝いに最適な場所:アシガバートの公園

トルクメン馬の日(4月の最終日曜日) ―トルクメニスタンの国馬であるアハル・テケを記念して、馬術競技、国際見本市、歌と踊り、馬の美しさを競うコンテストが行われます。
お祝いに最適な場所:アシガバート近郊の馬術競技場

トルクメン絨毯の日(5月の最終日曜日) ―1992年以来、この日は国が誇る絨毯が特別に評価され、展示会、会議、見本市、国内で最も優れた絨毯織り職人の表彰式などが行われています。
お祝いに最適な場所:アシュガバットの絨毯博物館

トルクメンメロンの日(8月第2日曜日) ―メロンには独自の祝日があり、この日は、コンサートやコンテストが開催され、もちろんメロンの試食も行われます。
お祝いに最適な場所:アシガバートでは、最大の祝賀会が開催されます。

中立の日(12月12日)-永世中立国としてのトルクメニスタンの国際的地位を思い出す日で、厳粛な式典、パレード、コンサートなどが行われます。
お祝いに最適な場所:アシガバート

トルクメン料理

中央アジアによくみられる料理にトルクメン人独自のアレンジが加えられています。トルクメニスタンを旅している間に試してみたい料理トップ10をご紹介します。

イチレクリ(シレクリ)

熱した砂や炎に埋めて焼く伝統的なミートパイです。

シャシリク

肉や野菜をマリネしてグリルしたもので、砂漠の木の薪を使って調理すると最高です。

ドグラマ

羊肉や牛肉を、クルトン、ブイヨンと一緒に煮て、生の玉ねぎをトッピングしたものです。

ドグラマ・チョルバ

ドグラマのスープ版です。

ピラフ

鶏肉、チョウザメ、牛肉、または羊肉を人参、玉ねぎ、ニンニク、クローブ、ドライフルーツと一緒に炊いた炊き込みご飯です。

チェクディルメ

窯焼きパン、チョレックと一緒に食べられるラムのリブシチュー

メロン

トルクメニスタンのメロンは芳醇な香りと甘さで人々を魅了します。

グータップ

三角形の揚げパンで、中には肉や野菜が詰まっています。

ガザンラマ

肉料理のラインナップの最後は、ラム肉、ニンニク、パプリカを使った古代の羊飼いの料理です。

トルクメニスタン.の郷土料理については、料理のガイドブックをお読みください。

トルクメニスタンでの注意点

トルクメニスタンへの旅行を計画しているなら、その国の風習を少しは知っているかもしれません。しかし、礼儀作法とルールに関しての注意点は、覚えておくと良いでしょう。

トルクメニスタンでの注意点
  • 夏は猛暑になる可能性がありますが、冬は驚くほど寒く、特に夜になると冷え込みます。
  • 多くの歴史的・宗教的な場所がトルクメン人にとって神聖なものであることを認識し、大声で話したり、ふざけたり、重要な儀式の邪魔をしないようにしましょう。
  • トルクメニスタンの規則や習慣を、たとえ同意できなくても遵守してください
  • 性別を尊重し、可能であれば、質問などは同性に聞くようにしてください。
  • 学び、観察し、途中で適切な質問をする意欲を持って来てください。
トルクメニスタンでしてはいけないこと
  • 速いインターネット接続や、多くのソーシャルサイトやニュースサイトへのアクセスを期待してはいけません。
  • 政治的な問題について意見を述べたり、指導者に対して否定的な発言をすること。
  • 許可を得ずに人や政府の建物の写真を撮ること。
  • 食料品、衣料品、医薬品など、日本で手に入るものを現地で買おうとすること。必要だと思うものは日本から持っていくのが一番です。
  • 公共の場で喫煙すること。

トルクメン語

トルクメン語はトルコ語と密接な関係があり、トルコ語のアルファベットに似たラテン語をベースにした文字を使っていますが、独自のアルファベットも含まれています。ロシア語は農村部ではあまり役に立たないかもしれませんが、国内で2番目に広く話されている言語です。

日本語 トルクメン ロシア語
こんにちは Salam (Sa-laam) Привет (Privyet)
元気ですか? Nähili, gowumy? (Naaili, goymih?) Как дела? (Kak dela?)
名前は何ですか? Adyňyz näme? (aadingiz nameh?) Как вас зовут (kak vas zavut?)
私の名前は… Men düşünmedim (Men dooshinmedim) Меня зовут... (menya zavut...)
さようなら Hoş, sag bol /(Hosh, saghboal) До свидания (do svidaniya)
ありがとう! Köp sag bol (Koap saghboal) Спасибо (Spasibo)
はい・いいえ Hawa/Ýok (Hawwo/Yoak) Да/Нет (Da/Nyet)
(空港は)どこですか? (Aeroport)… nirede? (Aeroport nirde?) Где... (аэропорт)? (Gde... (aeroport?))
いくらですか? Näçeden? (Naçhehden?) Сколько это стоит (Skol’ko eto stoit?)
わかりません Men düşünmedim (Men dooshinmedim) Я не понимаю (Ya ne ponimayu)
すいません Bagyşlaň (Bagishlaang) Извините (Izvinite)
お会いできてうれしいです Tanşanymyza örän şat (Tanshnymyza oerƏn shat) Было приятно познакомиться с вами (Bylo priyatno poznakomitsya s vami)

トルクメニスタン旅行ガイド:追加資料

トルクメニスタンの雑学

  • トルクメニスタンの国旗は、絨毯の模様が細かく刻印されているため、世界の国旗の中でも最も複雑なデザインになっています。
  • トルクメニスタンは、コイテンダグ山地にあ恐竜高原という場所があり、2500もの恐竜の足跡が残されています。
  • トルクメニスタンは中央アジアで唯一、馬肉を食べることが違法な国です。
  • トルクメニスタンには水と肥沃な土壌が不足していますが、世界第4位の天然ガス生産国であることを補っています。
  • ガス、水、塩、電気は無料で市民に提供されています。
  • 首都アシガバートは、世界で最も白い大理石の建物の密度が高い都市です。