ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)

シルクロードの発展

シルクロードの黄金時代

1~3世紀のシルクロードは、ヨーロッパのローマ帝国、近・中近東のパルティア帝国、中央アジア南部のクシャーン朝、アフガニスタンと極東の漢王朝の4つの最も強力な古代帝国を結んでいました。彼らは貿易の要衝をめぐる支配に苦戦しましたが、いずれもキャラバンルートの安定性を確保することができました。

国際貿易が活発化した結果、中国は中央アジアから毛織物、絨毯、宝石、ラピスラズリ、サラブレッド馬などを受け取り、絹織物、鉄、ニッケル、毛皮、茶、紙、火薬などを輸出しました。インドは香辛料や香料を輸出し、ローマはイランを経由して、当時、金と同じ価値があった中国の絹を輸入しました。中国からのキャラバンはホラズムを抜けて東ヨーロッパに行きました。

主要なルートは、敦煌、ハミ、トルファン、カシュガル、ウズゲン、オシュ、ヒヴァ、アンディジャン、コーカンド、サマルカンド、ブハラとメルヴを通過した。現在のトルクメニスタンのマルであるメルヴでシルクロードは分岐していました。一つの分岐点は、ホラズム経由でヴォルガに行き、東ヨーロッパに向かっていました。このルートは中国、インド、中央アジアからロシア各地、キエフ、ノヴゴロド、そして後にモスクワに交易品を提供することが可能になりました。別のルートは、バルフと現代のアフガニスタンの地方を経由して、インドへ向かいました。3つ目のルートは、バグダッドへ、そこからさらに地中海に向かいました。そこで交易品は船に積まれ、エジプト、ビザンチウム、イタリアに届けられました。

しかし、政治状況は一変し、ローマ帝国にはビザンチウムだけが残り、パルティア帝国はサーサーン朝に取って代わられ、クシャーン朝と漢王朝はどちらも互いに対立するいくつかの国家に分裂しました。シルクロードの機能の断絶は、ユーラシア大陸各地に新たな大国が出現し始める6世紀まで続きました。