ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)

シルクロードの交易文化

シルクロードのルートでのキャラバン貿易は、高額な利益だけでなく、大きなリスクも伴いました。だからこそ、商人たちは仲間を見つけ、何百人、何千人もの武装した人々からなる大きなキャラバンを結成しようとしたのです。

しかし、統治者の恣意的なルールや遊牧民の攻撃から商人を守るものは何もありませんでした。そのため、商人たちは自分たちの命を守ろうと、シルクロードを端から端まで通ることはめったにありませんでした。多くの場合、中間貿易都市のいくつかで商品を交換していました。

交易文化
交易文化
交易文化

しかし、統治者たちは、キャラバンルートに立っている都市の関税を徴収して収入を得ていたため国家も遊牧民も交易路の治安維持に尽力しました。アジア諸国の統治者は損失を避けるために、商人の保護を目的とした厳格な法律を制定しました。貿易の多くは物々交換であり、貨幣はあくまでも集計でのみ使われました。商人はお金で商品を評価し、それを等価の商品と交換していたのです。

キャラバンは数十頭から数千頭の家畜で構成されていることもありました。家畜の世話をするのは、召使や荷役で、多くの場合、キャラバンは翻訳者も雇っていました。

キャラバンは様々なサービスを必要としていたため、道中にキャラバンサライが建設され、商人や使用人、馬、ラクダ、ラバ、ロバのための施設、飼料や食料を提供しました。商人は、キャラバンサライで情報と価格設定を知るために、大量の商品をやり取りすることもありました。

商人の中には、特別な商人もいれば、物資輸送の組織化を行うグループもいました。貿易の発展に大きな役割を果たしたのは、遊牧民でした。彼らはキャラバンに同行し、食料や輸送のために家畜を提供していたので、王朝自体がキャラバン貿易の助けを専門とすることもありました。