ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)

シルクロードのモンゴル時代

シルクロードを征服しようと計画していたチンギス・ハンは、モンゴル人の軍事力では、すべてのルートを長く支配することは不可能であることを悟りました。そのため、北のルートを占領したチンギス・ハーンは、南のルートに立っているアラビア人とトルコ人の都市を計画的に破壊し始めました。そうすることで、チンギス・ハンは自分の目の届かない場所での交易を止めようとしたのです。

中央アジア、イラン、ユーラシアの草原地帯がチンギス・ハンの後継者によって支配された13世紀半ばから15世紀にかけて、東西間の活発な貿易が活発さを増していきました。シベリアから東ヨーロッパにかけてチンギス・ハーンの孫、ベルケによって支配されたジョチ・ウルスでは、14世紀から15世紀の間、国際貿易の大部分である中国からオトラルとホラズム、ヴォルガ地域、アゾフ、クリミア、ヨーロッパを経由して行く北の大陸間キャラバンルートのすべてを支配していました。

モンゴルの支配は中国と地中海諸国との間のキャラバン貿易を活性化しました。しかし、その貿易からのすべての利益はジョチ・ウルスに徴収されました。ほとんどのキャラバンは、カスピ海から直接北のヴォルガに向かい、そこから黒海に移動してトランスオクシアナを回りました。ホラズムはその北のルートの南側に位置し、地域と大陸間の物資交換の中継地点の役割を果たし続けていました。ウルゲンチは、市場があふれかえるもう一つの主要な貿易の中心地でした。