ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)

シルクロードのイラン

西暦の初期にも、シルクロードはローマ、パルティア、クシャーン、中国などの強力な古代帝国を結んでいました。

近・中近東のパルティア帝国は224年にサーサーン朝イランに征服された強大な国家で、この勝利によってサーサーン朝は領土を大幅に拡大することに成功しました。

サーサーン朝にとって国際貿易は極めて重要なものでした。イランを横断する主要なルートは、基本的に1世紀の初めまでに発展しました。ヘラート(現在のアフガニスタン)から始まった「帝国の道」の分岐は、北上してメルヴに至り、さらにサマルカンドに至り、その道は中国から東トルキスタンのオアシスを越えてシルクロードと合流することもありました。小アジアとシリア周辺の地域は、ユーフラテス川に沿ってペルシャ湾の港に至る陸路でシルクロードと、またはシリアからイランを横断する古代のキャラバンルートでつながっていました。

中国の生糸以外にも、宝石、アロマ、アヘン、香辛料などのインドからの品が主に陸路でイランに運ばれた人気のある商品でした。

サーサーン朝は、シルクロードの交易の最も活発な地域を支配するために、ビザンチウムと定期的に戦争をしていました。

5世紀には、中国との国境からイランに至るシルクロードと、南シベリアと西シベリアに至る交易路のかなりの部分が、テュルク系のハン国の支配下に置かれました。彼らのイランとの関係と運ばれるシルクの量が災いし、テュルク人はイランと対立し、ヴォルガ地方と黒海沿岸の草原を越えてイランを迂回してビザンチウムへの新たな貿易ルートを確立しようとしました。

このように、イランはシルクロードにまたがる国々の中でも非常に大きな役割を持っていました。現代のイランの領土は広大なサーサーン帝国の一部に過ぎないにもかかわらず、その国際的な動脈に関連した多くの遺跡が残っています。

現在のイランはアゼルバイジャン南部を含んでおり、現在のアゼルバイジャンの領土であるアゼルバイジャン北部と共に、歴史的なアゼルバイジャンの広大な領土を占めており、アジアとヨーロッパの間、地中海、カスピ海、黒海とアゾフ海の間の非常に有利な位置にあり、国際貿易において重要な役割を果たしていたことを忘れてはいけません。そのため、イラン国内の南アゼルバイジャンには、シルクロード時代の遺跡が豊富にあります。

WTOとユネスコによると、シルクロードの遺跡の多くは、かつてのシルクロード上にあるホラーサン、ゴレスターン、セムナーン、テヘラン、ガズヴィーン、ザンジャーンの各州に残っています。