ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)

アゼルバイジャンとシルクロード

アゼルバイジャン―神秘の国中国と豊かなヨーロッパの間の国

太古の昔から、シルクロードのキャラバン隊のルートは、必ずアゼルバイジャンを横切っており、シルクロードは、神秘的な遠い中国からのキャラバンを迎え、豊かなヨーロッパへの入り口でした。

紀元前1~2世紀には、最も忙しい道が光の国を横切っていました。道は偉大な地理学者の名前から"ストラボン"と呼ばれていました。この道は、中国とインドから中央アジアを横断し、カスピ海に注ぐウズバイ川を渡り、アゼルバイジャンの領土を横断しました。そこで2つの道に分かれました。一つはクラ川の上流からコルキスとイベリアに向かう道、もう一つはカスピ海の西海岸に沿ってデルベントとコーカサスの草原を越えて行く道でした。

アゼルバイジャンは、すべてのルートの中で最も安全でした。ジョージア、イベリア、コルキスは、政治的に安定した国家であり、ルートも安定しており、それが商人達を惹きつけました。もう一つの魅力は、ルートの多くがコストの安い水運だったということです。その結果、この区間は長い間、安定していて、古代のシルクロードの主要な目的地の一つとなっていました。

ストラボンルートの二つの分岐に沿って、アゼルバイジャンの古代都市が数多く建設されました。中世初期、アゼルバイジャンはシルクロードの重要な中心地でした。5世紀にアゼルバイジャンの首都となったバルダは、いくつにも分かれたシルクロードの支線の中でも世界最大の交易の中心地であり、10世紀まで中東と南コーカサス最大の工芸の中心地の一つでした。

バクー、アゼルバイジャン
アテェシュガフ(火の神殿)、アゼルバイジャン
シャマヒ、アゼルバイジャン

熟練の職人たちは、外国の商人たちに、優雅な宝石、管楽器、弦楽器、高価な武器、豪華な絨毯、地元の絹織物など、さまざまな商品を提供しました。商人たちはヨーロッパへ油、宝石、塩、水銀、ミョウバン、羊毛、亜麻、綿、鉱物染料、薬、その他多くのものを持って行きました。銅製のものは特に有名で、台所用品、盆、燭台、天文機器などがありました。

その後何世紀にもわたって、イスラム教が国教として採用されました。中世のアゼルバイジャンは貿易関係を維持し、多くの国と文化を交換した。14世紀から18世紀にかけて、ロシアとイギリスの商人たちが利用していたヴォルガ―カスピ海の水路の発展によって、アゼルバイジャンのシルクロードに位置する都市の役割はさらに大きくなりました。その間、シェマハ、デルベント、バクー、アルダビール、タブリーズ、マラゲフ、ガンジャ、ナヒチェバンなどの都市は、オリエントとヨーロッパからの物資の倉庫がある交通の中心地となりました。そこにはロシア、ヨーロッパ、トルコ、中央アジア、極東の商人たちが集まっていました。

キャラバンサライはすべての主要都市に建設された。地方知事は彼らから多額の報酬を得て、キャラバンが立ち寄った場所に小さな修道院や祈祷所、民宿などを建てる許可を出していました。