ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)

中国の養蚕業

中国のシルク文化

中国の養蚕の始まりには、美しい伝説があります。それによると、大黄帝の妻である西陵氏は、桑の木陰に座ってハーブティーを楽しんでいました。突然、彼女の香ばしい飲み物の中に蚕の繭が落ち、怒った皇后は彼女のボウルから繭を取り出すと、それがほどけ始め、糸が無限にあることを発見しました。すぐに西陵氏は、その糸が織物を作るのに使えると考えました。それ以来、皇后は 絹の女神 と呼ばれるようになりました。彼女の祭日には、寺院の祭壇には蚕の繭が捧げられます。

歴史的には、約5000年前に中国人が最初の蚕の繭とその性質を発見したことが証明されています。中国の各地での発掘調査で、紀元前3000年の文化層の中に蚕の繭が発見されました。発見された甲骨文字には、「蚕」「桑」「絹」「絹織物」と刻まれていました。

紀元前5世紀までには蚕が飼育されていたことが知られており、養蚕の中心地は杭州で、春になると皇后が半年間の養蚕の季節を開き、主に女性たちが働いていました。

中国の養蚕業
中国の養蚕業
中国の養蚕業

最初は、この珍しい生地は皇族だけが着用していました。宮中では皇帝とその妻、世継ぎは白い絹の服を着ていましたが、祝典では黄色の服を着ていました。しかし、絹織物の生産が拡大するにつれ、シルクは宮廷でも一般の人々でも着用できるようになりました。

中国の養蚕は前代未聞の高みに達していました。中国の古文書には、蚕の神である中秋節に生け贄を捧げたり、特別な儀式を行う場所として桑の林を使ったり、桑の実を神聖視していたことが記されています。

そのほかにも、釣り糸、弓の弦、楽器の弦、紙の代わりなどにも使われていました。漢の時代(紀元前3世紀~紀元後3世紀)には、中国では絹が普遍的な素材となり、農民は税金の支払いに、国家は役人に絹で給料を支払いました。

戦国時代(紀元前475~221年)には、絹や絹製品がさらに大衆の手に渡りやすくなり、養蚕、刺繍、織物の染色などの技術が普及しました。

古代中国では、各省が独自の絹を作り、その省の名を冠した絹織物が作られていました。しかし、中国の主要な養蚕の中心地は黄河、長江、四川省に沿っていました。

漢の時代(紀元前2世紀中頃)には絹の生産量が大幅に増加し、染料の輝き、刺繍の豊かさ、完成度の高さには目を見張るものがありました。やがて、養蚕の隣国への進出が始まりました。貴族の家には、皇室の工房を模した工房がありました。

唐の時代には養蚕と絹織物に大きな変化が起こりました。

唐代の即位後、織染部と呼ばれる豪華な織物工房が設立されました。当初は冠婚葬祭用の頭飾りを製作していましたが、後に多色の絹織物を製作するようになりました。専門の工房では、植物の花、葉、樹皮、根などの染料を採取する作業が行われていました。6世紀末から7世紀初頭にかけて、中国の主な絹織物の中心地は、現在の河南省、河北省、山東省、四川省に位置していました。

中国の養蚕業
中国の養蚕業
中国の養蚕業

唐時代(618-907)の中国絹は、新疆、トルファン、タジキスタン、北コーカサスで発見されました。発見された織物は、当時の貿易が活発に行われていたことを証明しており、同時に、大量の中国絹がシルクロードを経由してヨーロッパに持ち出されたことを示しています。

絹が初めて中国との国境を越えたのは、紀元前2世紀に中国の張騫が中央アジアの国々を訪れたときでした。貴重な織物を積んだキャラバンが西方に向かい、古代のルートにシルクロードという名前を与え、徐々にシルク貿易は近隣諸国へと拡大していきました。韓国や日本、そして後にはインドやペルシャへと、シルクは船やキャラバンによって山や砂漠を越えてヨーロッパにも送られました。

しかし、貿易の発展にもかかわらず、中国は何世紀にもわたって絹の生産を秘密にしており、蚕を国外に持ち出そうとすると死刑になりました。

絹の起源を説明しようとする試みが数多く行われました。ヨーロッパの著名な大物たちは、素晴らしい生地のマットな輝きを賞賛していましたが、それがどのように作られたのかを理解することができませんでした。ローマの詩人ウェルギリウスは、シルクは葉から梳かれたものだと信じ、ギリシャの歴史家ディオニュソスは、花から作られたと考えていました。

他のヨーロッパ人は、きらびやかで柔らかい糸が特別な木に生えていると信じていたり、シルクは巨大な甲虫が作っていると信じていました。他にも、シルクは特殊な鳥の羽毛から作られるとも考えられていました。4世紀のローマの歴史家アンミアヌス・マルケリヌスは、「絹織物は土から作られている!中国の土は羊毛のように柔らかく、水を与えて特別に栽培すれば絹の糸を作ることができる」と主張しました。