ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)

シルクロードのジョージアと北コーカサス

古代コーカサスとシルクロード

6世紀に北コーカサスは、ビザンツ帝国とペルシャの2つの強力な帝国は、コーカサスを横切るシルクロードの重要な貿易ルートの支配権をめぐって衝突しました。

6世紀にビザンツ帝国は、ジョージア西部の山岳地帯と現代のアブハジアの領土であるラズィカとスヴァネティをめぐり、争いました。ジョージア東部のイベリアは、この時点でペルシャ人の支配下にありました。

ビザンチン帝国のユスティニアヌス帝は、中国からのキャラバンのルートを変更し、ペルシャを迂回して北コーカサスの峠を越えて黒海沿岸へと誘導しようと努力しましたが、中国からのキャラバンのルートを変更することはできませんでした。

その代わりに、山岳部族からの保護を確実にするために、彼はスフミからポティまで伸びる強大な要塞を建設しました。長さ160キロに及ぶ巨大な構造物は、中国の万里の長城に次ぐものでした。

その後、キリスト教の僧侶や宣教師が北コーカサスの人里離れた山間部に向かいました。彼らは、人々を引き付けるために修道院を建てるようになりました。その修道院の周りに集落がだんだ建てられてきました。キャラバン商人たちは、要塞によって確実に保護された場所を大いに必要としていました。そこで彼らは馬や警備員を変え、ガイドを雇い、道具を修理し、安全に夜を過ごし、これからの旅の情報を得ることができました。

時が経つにつれ、山のルートは変化していきましたが、ルートは常に川に沿っていました。

アナヌリ、ジョージア
ウシュグリ、ジョージア
シグナギ、ジョージア

キャラバン商人たちは、マミソニ峠を越えてオセチアの川をたどるだけでジョージアに行くことができました。谷の一つ、フィアグドンは、まだいくつかの小さな寺院があり、ジヴギスの集落の近くには、非常に興味深い施設があります。岩の中には、キャラバンを収容することができる巨大な洞窟があります。外から見ると、岩は抜け穴のある高い垂直の壁に覆われており、その前には、谷を見下ろす抜け穴のある聖ジョージの寺院があります。

現代のジョージアの地図と照らし合わせるとシルクロード、スヴァネティアの領土を横切っていました。クバン、テベルダ、イングリ、リオニに沿って進み、古代の貿易の中心地であるコルキス王国のファシス(現在のポティ)で終わりました。テベルダ川の谷間には、ナハール峠に通じるシルクロードの擁壁が残っています。キャラバンたちはコーカサス山脈に沿って進み、南下した後、メスティアに到着しました。その先のルートは、ウシュグリの集落や、他の村へと再び北上しました。その後、道は下スヴァネティアを通ってコタティシウム(現在のクタイシ)へ、そしてリオニ川の谷に沿ってポティへと続きました。

北コーカサスを横断するシルクロードは、1453年まで商人が利用していましたが、コンスタンティノープルがオスマントルコの攻撃を受けて陥落した後、絹の貿易が凍結してしまいました。人々はそれらの場所を離れ始め、寺院は徐々に放棄されました。しかし、北コーカサスを横断したシルクロードのキャラバン隊のルートに沿って、古代ジョージア人やギリシャ人の建築家によって建てられたこれらの驚くべき建築物は、今なお保存されています。

メスティア、ジョージア
ツシェティ、ジョージア
カへティ、ジョージア