ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)

シルクロードのルート

シルクロードは中国の古都である長安を起点に、北の天山に山脈に沿って万里の長城に近い敦化に至り、そこで一本道は北と南でタクラマカン砂漠に接して分岐していました。北の道はトルファンを通ってイリ川の谷まで行きました。中道(いわゆる南ルート)は、張乾からホータン、ヤルカンドを経由してイシク・クル湖の南岸に至り、バクトリア(アフガニスタン北部)に達しました。そこから南のルートは2つの他の道に分かれています:1つはインドに続いて、もう1つは、それが北のルートと合流した西と現在のトルクメニスタンにあるメルブに続いています。さらにニーサ、アルサケス朝の首都パルティア、イラン、メソポタミア、バグダッドを経て、ダマスカスを経て地中海に達しました。

そして最後に、最も困難なルートだと考えられたのは北方ルートまたは草原ルートと呼ばれています。天山山脈を越えたキャラバンの一部はフェルガナ渓谷とタシケントのオアシスを経由して、サマルカンド、ブハラ、ホラズムを経て、カスピ海の海岸に到着しました。サマルカンドからのキャラバンの一部はバクトリアに向かい、カシュカダリヤ渓谷を越えてテルメズに向かいました。その後、キャラバンはアム・ダリヤ川を渡り、中東やインドに向かったとされています。

これらのシルクロードの3つの主要なルートの他にも、お互いのルートを結ぶルートも存在しました。

シルクロードの海運は、アレクサンドリアとエジプトで始まり、紅海とインド洋を渡り、インドの西海岸の港まで行きました。そこからそのルートはバクトリア、テルメズの街へと続きました。そして、アム・ダリヤ川に沿ってホラズムとカスピ海へと続きました。そして現在のアゼルバイジャン領に存在したカフカス・アルバニア、イベリア、現在のジョージア領にあったコルキスを横断し、黒海に達し、さらにローマに向かったとされ、インドから南コーカサスの国々への最短のルートでした。

コーカサスのシルクロードは古代サマルカンドから始まりました。ホラズムまで行き、カスピ海を回り、北コーカサスの草原を越え、スフミまで下っていき、そこから黒海を渡りビザンチウムの首都コンスタンティノープルに到着しました。

交易上重要な道路は、カスピ海の西海岸に沿ってボトム・ヴォルガ地方からカスピ海にあるアレクサンドロスの門と呼ばれる鉄門のあるデルベントの街を通り、南は古代アルバニアとパルティアを経て、シルクロードの北と主要なルートを結んでいました。

政情と時間の移り変わりとともにルートは変化を受けました。4〜8世紀には主なルートは、シリア-イラン-中央アジア-南カザフスタン-タラス渓谷-チュヤ渓谷-イシク・クル-東トルクスタンが含まれていました。そのルートの分岐は、より正確には、デルベントを経由してビザンチウムからカスピ海周辺の草原-マンギシュラク-アラル周辺-南カザフスタンへのルートにつながりました。これは、突厥がこの地域の交易を支配し始めたという事実によって説明できます。

そのため、中央アジアを横断するルートは特に忙しくなりました。富裕な都市、商人や職人の居住地、キャラバンサライが現れ、繁栄し始めました。トルクメニアではメルヴ、ウズベキスタンではブハラ、サマルカンド、ウルゲンチ、ヒヴァ、カザフスタンではオトラル、トルキスタン、タラズ、イスペジャブ、キルギスではジャル、スヤブ、ノボケント、バラサグン、バルスコーン、タシュ・ラバト、オシュ、ウズゲンなどが当時のシルクロードの恩恵を十二分に受けた場所です。今日では、中央アジアの主要な観光ルートが通る新たなシルクロードとなっています。

少し前には中国、キルギジア、カザフスタン、ウズベキスタンなど古代シルクロードの基幹をなしていた国々が、シルクロードを世界遺産に指定するためにユネスコに共同で申請することを決定しました。