ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)

西洋への養蚕業の拡大

アレクサンダー大王の兵士たちは、自分の目で壮大な絹を見た最初のヨーロッパ人でした。アレクサンダー大王の時代で、偉大な絹はローマで人気を博し、金で支払われました。 シルクのチュニカを身に着けているシーザーの外観はセンセーショナルでした。 その日から、中国の絹で作られた服を着ることは、ローマの貴族社会の慣習となりました。

何世紀もの間、絹は最も貴重な高級品と考えられていました。それはお金の役割を果たし、トリビュートのレンダリングや商取引で使用されていました。

ビザンチウムでは、絹は金や宝石と同等でした。

ソグディアナでは、馬は10ものシルクの長さを必要としました。 傭兵の維持のために、または行われた仕事に金を払いました。 それは犯罪の罰を避けるために賄賂としてさえ使用されました。 公務員および軍関係者、外国大使は、しばしばシルクロールで給与を支払われました。 十分な絹を持っていれば、同盟国、傭兵、あらゆる品物、奴隷を得ることが可能でした。 それは外交において重要な議論でした:不思議な布地は他の国の知事に善意を表すために使われました。 それは戦争を始め、終わらせることができました。 シルクは権力と富の象徴となりました。 中国はシルクロードを使用して、貴重な布地を世界中で積極的に販売しました。 上記のすべての理由により、中国人は絹製造の秘密を慎重に守りました。 世界の他の国々は、謎を解くために最善を尽くしました。

貴重な絹がホータン(現在の新疆ウイグル自治区)に届いた経緯については、有名な伝説があります。 地元の支配者は、切望された資料を手に入れるために最善を尽くしました。 最後に、彼は中国の王女をだまし、懇願することを決めたのです。同意が得られたとき、ホータンの支配者の使者は王女にささやき、将来の配偶者の故郷では美しい絹がなく、彼女は絹の服を着ることができなくなるため、カイコと桑の木の種を持参する必要があると言いました。彼女は、警備員が検索できない複雑な髪型をし、そこには卵を隠しました。種子を荷物の中にすべてのハーブや薬と混ぜて、カイコと種子を持っていくことができました。

他のバージョンによると養蚕の秘密は550年にユスティニアヌス帝によって秘密の任務で中国に送られた2人の僧侶によって盗難されたそうです。スパイは、中空の竹の杖にカイコの卵を密輸しました。 その後すぐに、コンスタンティノープルの近くで絹の生産が始まりました。その後 3000年にわたって厳重に守られた秘密が明らかにされました。

5世紀には、アレクサンドリア(エジプト)に絹織物工場ができました。 ペルシャでの絹織物の製造は、メソポタミアとシリアの熟練した織工をその目的のために雇ったササニード・シャー・シャプールII(309-379)のもとでさらに早く始まりました。

中央アジアの西部での絹栽培の始まりは、通常5世紀から6世紀にさかのぼります。 しかし、2世紀後半から3世紀初頭にかけてのカンピール・テパ(北バクトリア)での地元の絹織物の発見から判断すると、それがはるかに早く現れた可能性があります。 6世紀にソグディアナは東部の養蚕の最大な中心地の1つになりました。 トランスコーカサス地域におけるカイコの繁殖は7世紀に始まりました。

中世の第4十字軍(1203-1204)の後、カイコの卵はコンスタンティノープルからヴェネツィアに運ばれました。 それ以来、ヴェネツィア(13世紀)、ジェノヴァ、フィレンツェ(14世紀)、ミラノ(15世紀)などの主要産業の1つとなったイタリアで絹製造が発展しました。14世紀に南フランスで絹の生産が始まり、 1596年に養蚕がロシアにやってきました。

13世紀には、西ヨーロッパ、特にイタリアとフランスでの絹農業が、高度に発達した産業に変わりました。

しかし、ヨーロッパ人がカイコの育種を学んだ後でも、ほとんどのシルクは依然として中国から輸入されていました。 長い間、伝説的な布地は金でその価値があり、金持ちだけがそれを購入する余裕がありました。16世紀にフランスが絹製造で中国を上回ったことは注目に値します。 19世紀には、世界で最も多くの絹を輸出した日本が一番になりました。 それにもかかわらず、中国はなんとかリーダーシップを取り戻しました。 その市場シェアは、世界のカイコ栽培量の50%以上です。