ダルヴァザ・ガスクレーター へのグループツアー (ヒヴァから)

ティムール時代のシルクロード

中央アジア全体とペルシャからなる帝国の創始者であるアミール・ティムールが力をつけてきたとき、 中国からクリミア、ヴォルガ南部、ホラズムを経由してヨーロッパに向かうキャラバンルートができるまでは、ティムールは経済の本領を発揮できませんでした。ティムールはアストラハンとセライ・ベルクを征服して野望を果たしました。これらの都市の略奪と破壊は、貿易を凍結させ、ジョチ・ウルスは孤立し、枯れ果て、モスクワでの最後の悲惨な作戦の後、荒廃していきました。

セライ・ベルクが破壊され、ジョチ・ウルスが討伐されると、中近東と極東を結ぶ北のルートは見直され、キャラバン貿易はすべて南に移されました。中国から中東へのキャラバンは再びオトラル、タシケント、サマルカンド、バルフ、ヘラートを経由して向かいました。トランスオキシアナを経由する道路には、物資の流れが一斉に押し寄せ、航路の秩序が回復し、商人たちは織物、ガラス、金属製品を恐れずに運ぶことができるようになりました。インドからはヒンドゥークシュとバルフを経由する道があり、キプチャク土地からシルダリヤ川を渡って、彼らは毛皮、革製品、布地を運びました。東の黄河からのキャラバンルートは、中国から最も高価な商品である絹、宝石、瑪瑙、真珠、薬、磁器を運びました。

キャラバンに対してすべての都市と停泊地で関税と税金が引き上げられましたが、帝国の領土内で商品が略奪された場合、その地域の管理者はは損失の倍を補償し、ティムールにはその5倍の金額を支払っていました。
すべてのキャラバン貿易ルートは、帝国の首都サマルカンドで合流し、この都市はアジアの十字路となり、大陸の中心地となった。ティムールの計画では、サマルカンドは彼の強力な帝国を十分に表現した世界で最も美しい都市になることになっていました。贅沢という点では、人間の想像力を超えるもので、今でも彼の帝国の力を見ることができます。

砂漠や山道を越えて、サマルカンドを飾るためのあらゆるものを積んだキャラバンは旅路を急ぎました。インドからは、パンジャブ州やデリー・スルターン朝で略奪された寺院や宮殿の財宝を積んだ象のキャラバンがやってきました。ダマスカスやバグダッド、アナトリアやオルムズド、ヴォルガやコーカサスのほとりから、昼夜を問わず、建築資材や芸術品を運ぶ荷車が、反乱を起こした都市の廃墟から運ばれてきました。

サマルカンド周辺には、バグダッド、ダマスカス、カイロ、シラーズ、ソルターニーイェ、パリなど、世界の大都市の名前を冠した小さな集落が設立されました。

14世紀末、ティムールはシルクロードの東部、中国、インドシナの征服に向けて準備を始めましたが、彼の死は待ってはくれませんでした。彼の後継者たちは、彼の帝国を分割し、まとまることはありませんでした。ウズベク・ハーン、シェイバニは、外交と権力を駆使してトランスオキシアナの土地を徐々に手に入れていったため、都市の経済は徐々に回復していきました。16世紀には、ブハラ、サマルカンド、タシケントなどの都市で工芸品や貿易が盛んになりました。 ブハラには、アブドゥラ・ハーンによって建てられたドーム型の建物、キャラバンサライ、モスクなどが残っています。

工芸品の発展とともに貿易も盛んになり、16世紀には、ブハラとヒヴァの大使とキャラバンがモスクワ、インド、イラン、カシュガル、シベリア、カザフの草原を訪れました。1557年にカザンとアストラハンがモスクワに併合されると、そこにホラズムからの商人が訪れ、モスクワの商人たちがブハラにやってきました。

1558年、ブハラにはイヴァン雷帝の公式大使を務めていたイギリス人、ジェンキンソンが訪れた。1559年にはブハラ、バルフ、ウルゲンチの大使が貿易協定締結のためにモスクワへ同行しました。その後、アブドゥラ・ハーンはイヴァン雷帝とその息子に何度も大使を派遣しました。

モスクワはセイウチの牙、毛皮、皮、蜂蜜、蝋、木製品、金属製品、ハヤブサなどを輸入していました。西欧人はモスクワ経由でブハラに布、ビロード、鏡、そして輸出が禁止されていた武器を持ち込みました。ブハラに銀貨や硬貨を持ち込むには、特別な許可が必須でした。

中央アジアは、絹、毛織物、綿織物、羊皮、生糸、絨毯、香辛料、ドライフルーツなどをロシアに送りました。中央アジアは奴隷の交易で知られており、主にホラーサーンへの襲撃の際に捕らえたイラン人や、キプチャク人の遊牧民から買ったロシア人などがいました。