ウズベキスタン旅行

レギスタン広場、サマルカンド。ウズベキスタン旅行 レギスタン広場、サマルカンド

 

ウズベキスタン旅行は中世期の景色と砂漠の空まで貫くミナレットなどの探索です。活気のあるバザール、豊かな芳香や鮮やかな人々、魅力的で冒険的でありながら快適な国に歓迎します。

シルクローのこの目的地は何千年もの間歴史を築いてきましドた。老朽化した仏教の仏舎利塔とゾロアスター教の神社が古代を語る一方で、宮殿とモスクの驚くべき痕跡、中世の王国が幻想と伝承の物語を生み出したことを簡単に信じさせます

ウズベキスタン旅行をすでに計画し、旅行の準備方法に関する実用的な詳細を探しているなら、ウズベキスタン旅行のヒントを確認することをお勧めします。

地元の旅行専門家によるウズベキスタンガイド

目次

ウズベキスタンを訪ねる価値がありますか

21世紀のグローブトロッターに無数の目的地が開かれているのに、なぜ中央アジアでは一見あいまいな国であるウズベキスタンを選びますか?

ウズベキスタンはユニックで、タメルレーンの時代、アレクサンダー大王、そしてその土地で最も初期の宗教ゾロアスター教の住人たちの絶妙な建築物を訪問者に提供します。現代のウズベキスタンも同様に魅力的で、豊かな文化と多様な風景に満ちています。

ウズベキスタン旅行は手ごろな価格のオプションであり、ヨーロッパまたは南アメリカでの同等の旅行費用のほんの一部でオールインクルーシブとガイド付きのツアーができます。

ウズベキスタンはアクセスしやすくなりました。ほぼすべての国々の市民が30日間のビザなしでまたは安価なオンラインビザで入国できます。国の主な観光都市がモダンで信頼性の高い鉄道システムで繋がり、各都市には快適な宿泊施設のチョイスが広いです。同時に。。。

ウズベキスタンはまだよく知られていない行先で、 世界の未知のところを探索したい旅行者にはもっとも相応しいでしょう。混雑した場所がほとんどなく、ある観光地で一人の訪問者になることもあります。

最終的に、ウズベキスタン旅行にこれほど理想的な時代はありませんでした。

ドリームバカンス

ウズベキスタ旅行中にはホームステイ、料理教室、ユルタキャンプを体験しウズベク文化に飛び込むことができます。ウズベキスタ旅行はタイムマシンに乗って歴史的なウズベキスタンのクロスカントリーツアーに出かけたようになります。ウズベキスタ旅行でやるべきことの中では陶芸のレッスン、シルクペーパーの生産、カーペットの織りなどです。

我が社のウズベキスタンツアーパッケージもお客様も多様です。歴史的ツアー、アウトドアアドベンチャーとか文化ツアーが提供し、お客様のご興味にあうツアータイプをアレンジできます。もしご興味にあうツアーパッケージが見つけられなかったら、ご連絡ください。お客様の特定のニーズとご興味に合わせてカスタマイズされたウズベキスタン旅行計画が作成されます。

歴史的体験のトップ:
文化体験のトップ:
アウトドア体験のトップ:

ビザの件

2018年にウズベキスタンビザのルールは変わり、多くの国、オーストラリア、日本、韓国、およびヨーロッパと南アメリカを含めて、約80国の国民が30日間ビザなしでウズベキスタンに旅行することができるようになりました。アメリカ、インド、香港、中国、およびほとんどの中東諸国を含めて50以上の国のパスポート所有者は20ドルの費用で30日間のエレクトロニック観光ビザをオンライン申請できます。

さらに、5日間のトランジットビザは、事前の承認または出発を認する航空券で取得できます。

ウズベキスタン旅行が安全ですか

ウズベキスタンは安全であり、暴力犯罪の発生率は非常に低いです。法執行官は定期的に街をパトロールし、必要に応じて観光客を助け、サポートします。また、サマルカンド、ブハラ、ヒヴァには国のゲストを支援する英語の観光警察がいます。多くの旅行者はウズベキスタンの人々の優しさと有用性についてよく発言します。近年ウズベク人の観光客に関する親しみがもっと高くなり、外国人や観光客を心から歓迎します。

交通機関を選ぶ

ジェイムズ・エルロイ・フレッカーの詩に描かれているサマルカンドへのゴールデンロードが現在簡単に超えられることが昔のシルクロードの旅行者にとって羨ましいことであったでしょう。中央アジアの中心に位置するウズベキスタンは想像したよりもっとにアクセスしやすい場所です。直行便は現在首都タシケントをイスタンブール、バンコク、モスクワ、さらにはニューヨーク市と結んでいますが、ヨーロッパとアメリカから行くと普通は一つの乗り換えしかいりません。

ウズベキスタンの各地域と主要都市は、複雑で効率的な鉄道システムによって接続されています。電車での移動が苦手な場合は、国内線での短距離飛行が手っ取り早い方法ですが、プライベート車で移動すると、景色を眺めながら行くことができます

ウズベキスタン旅行シーズン

ウズベキスタンは多様性に富み温帯な国なので、一年中旅行にふさわしい旅行先です。春と秋は心地よい気温と活気に満ちた風景で大勢の人でにぎわいますが、季節ごとに独自の特典があります。

冬:スキーが好き人はタシケントの近くにあるスキーリゾートで楽しい時間を過ごせます。冬ディスカウントを使用し、安く旅行するのができます。

春:ウズベキスタンで最も華やかな季節です。快晴、緑の牧草地、満開の花、見どころのある地元の祝日やお祭りがあります。

夏:蒸し暑い夏には、あらゆる種類のジューシーな果物と野菜があります。7月と8月には旅行者があまりいないので、チケットや宿泊の値下げがよくあります。この時期はタシケントから近い距離で位置している山やチャルヴャク湖で時間を過ごすのためには最適な式です。

秋:涼しく晴れた天候と、メロンやブドウで一杯になるバザールが相まって、この時期がシルクロード土地の観光の他のハイシーズンです

ウズベキスタ旅行マップ

ウズベキスタ旅行マップを使用し、国の主な都市を見つけ、各都市が提供することをチェックできます。

ウズベキスタン旅行マップ

 

ウズベキスタン旅行には何日が必要ですか

ウズベキスタンへの旅行は個々の旅行者の興味、夢、スケジュールに基づいて計画されます。ただし、従うべき共通の計画を探している場合、これらの推奨事項は多くの観光客の経験に基づいており、ウズベキスタン旅行を計画するための有用な情報として役立ちます。

  • タシケントーウズベキスタンの首都であり、快適な公園、モダンな設備、史跡が点在しています。
    どのぐらい泊まればいいですか。-1-2日間
    主な見どころ: タシケント地下鉄チョルスバザールアミール・チムル広場
    違う体験をしたい方には:チョルスバザールの近くにある旧市街の通りを歩くとか、フリーマーケットのヤンギアバド・バザールでソビエトのアンティークなものをハンチングする。
  • サマルカンド-タメルレーンの中世の帝国の首都であり、印象的なターコイズブルーのドームの宮殿と霊廟、見事なレギスタンの都市です。
    どのぐらい泊まればいいですか。-2-3日間、特に近くに位置しているシャフリサブスも訪問したいなら
    主な見どころ: レギスタン広場グル・エミル廟シャーヒ・ズィンダ廟群
    違う体験をしたい方には:アフロシヨブの遺跡を散策しながら1日を過ごすか、フジュム・シルクカーペット工場で伝統的なカーペットの織りを体験する
  • ブハラーイスラム世界で有名な学習の中心地である、魅力的な旧市街の地区はあなたをタイムスリップさせます。
    どのぐらい泊まればいいですか。-1.5-2日間
    主な見どころ: アルク城リャビ・ハウズポイ・カラーン広場
    違う体験をしたい方には:ブハラからギジュドヴァンまでの日帰り旅行で陶芸のマスタークラスに参加するか、旧市街の郊外にある地元のカフェで、ブハラの有名なソフィ・オッシュを食べる
  • ヒヴャ ー「オープンスカイの美術館」であり、1500年以上保存されていたシルクロードの旧貿易都市です
    どのぐらい泊まればいいですか。-1-2日間
    主な見どころ: クニャ・アルク城ジュマモスクカルタ・ミノル・ミナレット
    違う体験をしたい方には:ヒヴァのディシャン・カルにある印象的なヌララボーイ宮殿を見学するか、古代ホレズムの砂漠で位置する城への日帰り旅行に参加する
  • ヌクス ーアラル海への玄関口であり、カラカルパクスタン共和国の首都です。
    どのぐらい泊まればいいですか。-1.5-2日間、ムイナク村へのツアーを含めて
    主な見どころ: アラル海サヴィツキー博物館ミズダカンネクロポリス
    違う体験をしたい方には:ヌクスにいること自体が違う体験です!都市でいるならカラカルパクスタンの偉大な作家アフメットシャムラトフの家博物館を訪ね、他の半日をヌクスのバザールでショッピングします。
  • フェルガナ盆地-国の最高のセラミックとシルク製品が生産される、美しく人口の多い地方であり、アンディジャン、フェルガナ、マルギラン、リシュタン、コカンドの都市が含まれています。
    どのぐらい泊まればいいですか。-2-3日間、各都市を観光したいなら
    主な見どころ: 陶芸工房(リシュタン)、ヨドゴリク・シルク・ファクトリー(マルギラン), クドヤル・ハン宮殿 (コカンド)
    違う体験をしたい方には:古代のクヴャを探索する;マルギランとフェルガナの中央公園で散歩する
  • テルメズー1世紀の仏教遺跡とウズベキスタン全土で最も古い遺跡のいくつかあるる小さな町
    どのぐらい泊まればいいですか。-1-2日間
    主な見どころ: カラテパファヤズテパキルク・キズ要塞
    違う体験をしたい方には: 孤独なジャルクルガン・ミナレットを鑑賞し、ウズベキスタンで最も古い建造物と考えられているズルマラ仏塔を見学する

我が社のサービス

グループツアーに参加したい、日帰り旅行を手配してほしい、或いは単に国内の輸送で少しの助けを使いたいなら、我が社に連絡ください。私たちはあなたの旅行をできるだけスムーズで思い出深いものにするように頑張ります。

航空券
ウズベキスタン航空による国内のフライト予約
列車チケット
ローカル鉄道チケットの購入
ホテル予約
簡単にウズベキスタンのホテルの選択と予約する
グループツアー
出発日が保証された今後の小グループツアーをご覧ください。
プライベートツアー
アドバンツアーのウズベキスタンプライベートツアーパッケージを閲覧するか、パーソナライズされたウズベキスタンの旅程を設計するために私たちに連絡してください。

休日とフェスティバル

ウズベキスタンの素晴らしさは特に地元の祝日やフェスティバルの時より良く表現されます。豊かに装飾されたダンサーの優雅なリズム、挽きたてのスパイスと家庭料理の魅力的な香り、あなたを伝統的な家に歓迎したい人々の優しさを体験してみてください。

ボイスン・バホリフェスティバル、ウズベキスタン
シャルク・タロナラリ、サマルカンド
シルクとスパイスのフェスティバル、ブハラ

次のいずれかの休日に合わせてウズベキスタン旅行を計画すると旅行の印象がもっと豊かになるでしょう:

ナヴルズ(3月21日)–ウズベキスタンは毎年3月21日にペルシャの新年をを大歓迎します。歌、踊り、ゲーム、そしてたくさんの食べ物で祝われます。 
お祝いのベスト場所:ボイスん、ブハラ、フェルガナ盆地、サマルカンド

独立記念日(9月1日)-ウズベキスタンの独立記念日は壮大なショー、花火大会、伝統的なコンサート、特別プログラムで正式に祝われています。
お祝いのベスト場所: タシケント

シルクとスパイスのフェスティバル ((5月の下旬-6月の上旬) - 毎年ブハラで行われるシルクロードのフェスティバルです。一日中民俗音楽、マスタークラス、スポーツイベント、手工芸品のフェアなどを楽しんでいただきます。
お祝いのベスト場所: シルクとスパイスのフェスティバルはブハラでしか行われません。

シャルク・タロナラリ(8月)-シャルク・タロナラリ(東洋の音楽)は2年に一度サマルカンドで行われる音楽フェスティバルです。一週間続くこのフェスティバルに数十の国から一流のパフォーマーが参加します。
お祝いのベスト場所:シャルク・タロナラリはサマルカンドでしか行われません

新年シーズンー12月中旬からウズベキスタンの首都はライトと「新年」の木で飾られ、ミニカーニバルとホリデービレッジが毎日開かれています。
お祝いのベスト場所: タシケント

ウズベク料理に興味がありますか

我々がお勧めする料理のトップ10:

ピラフ、ウズベク料理
ピラフ(オッシュ)

ごはん、にんじん、肉、レーズンで味付けした料理です。

ナーン、ウズベク料理
ナーン

ウズベクパンはそれ自体が料理ではないかもしれませんが、この新鮮な主食なしでは料理は完全ではありません。

ノリン、ウズベク料理
ノリン

細かく刻んだ麺と肉の料理であり、温かいスープを添えて出します。地元で人気です。

チュチュヴァラ、ウズベク料理
チュチュヴァラ

薄い生地で包んだかわいい餃子であり、新鮮なクリームとスープを添えて出します。

ラグマン、ウズベク料理
ラグマン

肉と野菜のシチューをトッピングしたおいしい自家製のラーメンです。

カザン・カボブ、ウズベク料理
カザン・カボブ

新鮮な肉とジャガイモの塊をスパイスとグリーンで煮込んだ料理です。

マンティ、ウズベク料理
マンティ

肉と玉ねぎがたっぷり入った蒸し餃子です。

サムサ、ウズベク料理
サムサ

肉、ジャガイモ、チキン、カボチャ、ほうれん草を詰めたレイヤードのペストリです。

スマリャク、ウズベク料理
スマリャク

春の御馳走であるこの典型的なウズベクのスナックは小麦の芽と多くの忍耐で作られています。

詳細についてはウズベキスタンの食べ物に関する旅行ガイドブックをご覧ください。

ウズベキスタンですべきこと、すべきでないこと

ウズベキスタンの人々は特に地元の慣習に慣れていない外国人に対して友好的で新設です。それでも、ホストカルチャーについて少し知っていれば、旅行中に敬意を表して、友情な関係を築くのに大いに役立ちます。

すべきこと:
  • モスクとか家に入るまえに靴を脱いで行きましょう
  • 年上の方に道を譲り、バス、夕食の席、観光地の近くで最高の席を与えることで敬意を表しましょう
  • 食事や宿泊する家へプレゼントを持っていくのがお勧めです
  • タクシーに乗る前に運転手と価格をもう一度確認すると、交渉した額を超える金額を支払うのを避けます
  • 道路がでこぼこで、予期しない階段や傾斜があるため、足元に注意してください
すべきでないこと:
  • パンは多くの人にとって聖なるものであるから地面に置いたり、テーブルの上に逆さまに残ったりするのが無礼な行動と考えられます
  • 人前で大声で鼻をかむことも失礼なことと考えられます
  • 人前で、特に宗教的な場所の近くで、大声で話すこと
  • 家へお茶に誘われたらすぐに賛成しないで、ホストが何度も主張して誘ったから招待をうけたほうがいいです。お茶に誘うのはポライトネスだけだからそれが本気ではないことは普通です
  • 必要の時助を聞かないとか人々とコミュニケーションしないことが正しくないです。多くのローカル人が外国人と話して英語とか他の言葉を練習するのが好きです

ローカル言葉を話す

現地の言語でいくつかの基本的なフレーズを知ることはウズベキスタンへの旅行中に人々をもっと友情的な関係とつながりを築くのに役に立ちます。役に立ついくつかの単語と文章:

フレーズ ウズベク語 ロシア語
こんにちは Assalomy alaykum (Salom for short) Привет (Privyet)
お元気ですか Yaxshimisiz? Как дела? (Kak dela?)
さようなら Hayr До свидания (Do svidaniya)
ありがとうございます Rahmat Спасибо (Spasibo)
はい/いいえ Ha/Yoq Да/Нет (Da/Nyet)
…(空港)はどこですか (Aeroport)... qayerda? Где... (аэропорт)? (Gde... (aeroport?))
いくらですか Necha pul turadi? (Qancha?) Сколько это стоит (Skol’ko eto stoit?)
私の名前は… Mening ismim... Меня зовут... (Menya zovut...)
わかりません Men tushunmayman Я не понимаю (Ya ne ponimayu)
失礼しました Uzr/Kechirasiz Извините (Izvinite)
初めまして Tanishganimdan xursandman Было приятно познакомиться с вами (Bylo priyatno poznakomitsya s vami)

バーチャルウズベキスタン旅行ガイド:さらに読む

ご存知ですか

多くの人はウズベキスタンのことを多分知らないですが、その影響は世界中に広がっています。

  • インドのタージマハルはウズベク人によって建てられ、サマルカンドの建築に触発されました。
  • アビセナ(現代医学の創設者)、アル・ホレズミ(代数の創設者)、タマレイン(世界征服者)みんなはこの地域で生まれました。
  • ウズベキスタンは世界で最大の綿花生産国の1つです。
  • リヒテンシュタインとともに、ウズベキスタンは地球上でたった2つの二重内陸国の1つです。
  • 1991年の独立以前はソビエト連邦の一部でしたが、中央アジアで人口が最も多くて、訪問者のもっとも多い国です。